米国人弁護士が「断罪」 東京裁判という茶番

個数:
電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり

米国人弁護士が「断罪」 東京裁判という茶番

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2019年03月20日 16時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584137635
  • NDC分類 329.67
  • Cコード C0030

内容説明

本当はアメリカ政府こそが、自国民を騙して戦争をはじめたのだ。もし、仮に、公平な国際軍事裁判が行われたならば、『戦争犯罪国』として裁かれるのは、アメリカだった。それなのに日本人の認識も、世界の人々の認識も、まったく逆になっている。これが、『歴史戦』の真実だ。史実を歪曲して、歴史を捏造し、世界中にプロパガンダを流布して、「歴史修正」を実行したのは、アメリカ政府だった。なぜアメリカ人弁護士の私が、『歴史戦』の真相を、いま問題にするのか。訝しく思われる方もいるだろう。しかし、その理由は単純明快だ。私は嘘が大嫌いなのだ。弁護士なのでファクト、すなわち“事実”をもっとも重視しているからである。

目次

序章 歴史戦は、いまも戦われている
第1章 東京裁判は、WGIPのための『プロパガンダ劇場』だった
第2章 戦争を起こしたのは、アメリカだった
第3章 残虐行為をしたのもアメリカだった
第4章 東京裁判への道
第5章 東京裁判ハイライト
第6章 侵略戦争の「共同謀議」も「南京大虐殺」も、すべて虚構だ
第7章 アメリカの当事者も、東京裁判の判事たちも批判した東京裁判
終章 東京裁判史観は、間違っていた

著者等紹介

ギルバート,ケント[ギルバート,ケント] [Gilbert,Kent Sidney]
米カリフォルニア州弁護士・タレント。1952年、米国アイダホ州生まれ、ユタ州育ち。71年、米ブリガムヤング大学在学中に、モルモン教の宣教師として初来日。75年、沖縄海洋博覧会の際にアメリカパビリオンのガイドとして再来日。80年、米ブリガムヤング大学大学院を卒業。法学博士号、経営学修士号、カリフォルニア州弁護士資格を取得して、国際法律事務所に就職し、法律コンサルタントとして来日。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる

植田剛彦[ウエダタカヒコ]
ジャーナリスト。1945年、甲府市生まれ。マスコミ研究会代表。報知新聞社、国際ニュース『ニューストラック・ジャパン』編集長などに就任後、執筆活動に入る。海外に多くのパイプをもち、海外取材や外国要人のインタビューを数多く手掛ける。特に韓国・北朝鮮に精通しており、韓国で出版された単行本もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

悪名高い極東国際軍事裁判は、裁いた連合国側、米国側の視点からはどう見えたのか―その欺瞞を暴いていく。また、「もし日本があの戦争に勝利していたらどうなっていたのか」というフィクションをコミックで収録し、日本人の素晴らしさを伝えた一冊。