震度7 何が生死を分けたのか―埋もれたデータ21年目の真実

個数:

震度7 何が生死を分けたのか―埋もれたデータ21年目の真実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月15日 22時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584137475
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0030

内容説明

阪神・淡路大震災で当日亡くなられた5036人の検案書。21年間埋もれていた一人ひとりの死の記録。私たちに残してくれたのは、次の大地震から命を守るためのメッセージでした。NHKスペシャル取材班渾身の書き下ろしドキュメント。

目次

序章 5036人の死―そこには救えた命があった
第1章 命を奪う「窒息死」の真相―地震発生直後
第2章 ある大学生の死―繰り返される悲劇・進まない耐震化
第3章 時間差火災の脅威―地震発生から1時間後以降
第4章 データが解き明かす通電火災21年目の真実
第5章 通電火災に備えよ
第6章 渋滞に奪われた命―地震発生から5時間後以降
第7章 いまだ進まない根本的対策

出版社内容情報

都市直下型地震で命はどう奪われたのか。阪神・淡路大震災5,036人の死体検案書を克明に検証。大地震から命を守る対策に迫る。