ここから。―これからを生き抜くための、心と言葉。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 183p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584133408
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

この試練と苦難の時代を、私たちはどう生きていくべきか?心の探検家と言葉の達人が語り尽くした、本当の「絆」のつなぎ方。

目次

第1章 震災で終わったこと。始まったこと。(震災は、きっかけだ。;自分だったらどう思う?という想像力。 ほか)
第2章 繋がるということ((逃げ隠れできない)現場から。
会話の隙間は、コミュニケーションの息つぎだ。 ほか)
第3章 絆ってなんだろう?(言葉には技術が必要だよ、なのに。;心、とか言葉にすると照れくさいよ、でもね。 ほか)
第4章 あたらしい社会に向けて(絆とは何か?20文字以内で述べよ。;「絆」はもともとあるもの、気づくもの。 ほか)
第5章 行動変容を急ごう(判断する尺度はあるか?自分に。;相手の心を動かす言葉、相手の身体を動かす言葉、をもつ。 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

20
震災後間もなくという時期を考慮する必要がある。ただ、それを踏まえても、今のこの国・世界に当てはまる要素が多い。本当の意味でのコミュニケーションの欠如が課題。だからこそ、こころと言葉が大切。2019/04/09

しろ

1
「相手のことを考える」って口で言うより難しいよなあと思う。特にネットではその「相手」が誰かも不明瞭だし…。だから余計に自分の発する言葉には、気をつけないといけないなと思った。2020/12/24

toyo

1
対談をしよう。相談をしよう。そこから生まれた言葉が二人の絆だから。2012/12/06

jp1bxx

1
鎌田先生とコピーライターの山本さんの対談本です。震災のことが中心になっています。「がんばらない」というスタンスは共感できます。山本さんのお父さんが危篤状態になろうというときに「子どもができた」と嘘をついたら持ちなおしたというエピソードに気力のすごさを感じました。2012/06/22

みなず

1
私も、言葉が好き。「会話の隙間は、コミュニケーションの息つぎだ。」と「心、とか言葉にすると照れくさいよ、でもね。」が、とてもよくわかった。2012/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4140759

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。