ベスト新書<br> 日本企業はなぜ世界で通用しなくなったのか

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり

ベスト新書
日本企業はなぜ世界で通用しなくなったのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月24日 19時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584125786
  • NDC分類 335.04
  • Cコード C0295

内容説明

本来の「日本の力」を取り戻そう。“直感力”を活かす仕事術とは?

目次

序章 「iPhone」を開発できなかった日本企業の弱点
第1章 「オンリーワン」の“モノ作り”に「市場調査」はいらない
第2章 世界に通用する、日本人の「独創心」
第3章 海外企業に負けない「経営力」とは?
第4章 「日本型経営」の良さを見直す時がきた
終章 常識を打ち破る、新たな戦い

著者等紹介

林原健[ハヤシバラケン]
フェロー(研究者/企業家)。学校法人順正学園名誉客員教授、株式会社林原健307取締役、元・株式会社林原代表取締役社長。昭和17年1月12日、岡山県生まれ。株式会社林原では、トレハロース、インターフェロン、高純度マルトース、プルラン等、デンプンを元にした新しい糖質を開発、世界シェアを席巻する。2011年代表辞任後は、独自のネットワークで開発を続けている。受賞歴:科学技術功労者賞(1975年)、藍綬褒章(1997年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



林原健[ハヤシバラケン]
著・文・その他