ベスト新書<br> 「悟り」は開けない

個数:
電子版価格 ¥896
  • 電書あり

ベスト新書
「悟り」は開けない

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月23日 01時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584125588
  • NDC分類 188.84
  • Cコード C0214

出版社内容情報

自殺を一度も考えない人に、人の痛みがわかるわけがない―。永平寺で20年間修行をし、現在は恐山の院代である禅の鬼才・南老師が、「悟りとは何か」「涅槃とは何か」「私とは何か」について真正面から対峙しクールに語る、アウトサイダー仏教論。

内容説明

「坐禅」をする本当の理由とは?“ブッダの教え”その本質がわかる!恐山・院代が語るアウトサイダー仏教論。

目次

序章 「宗教」―何を問題にしているのか
第1章 「自己」―仏教からの問い(仏教は何を問題としているのか;仏教へのアプローチ)
第2章 「仏教」―基本のアイデア(「苦」「無常」「無我」について;「縁起」と「因果」について;「輪廻」について;「業」について;「無記」「空」について)
第3章 「悟り」―それは「開けない」(「煩悩」の問題;「悟り」とは何か;「坐禅」の意味;「涅槃」を考える)
第4章 「現代」―生きるテクニック(高齢化社会;人間関係;生き難さ;居場所)
終章 「若い友へ」―理由なき生のために

著者等紹介

南直哉[ミナミジキサイ]
1958年、長野県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、大手百貨店勤務。1984年、曹洞宗で出家得度。同年、永平寺に入山。以後、約20年の修行生活を送る。2003年に下山。現在、福井県霊泉寺住職、青森県恐山菩提寺院代(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

禿童子

22
前半は、仏教の「無我」「無常」「縁起」「因果」「業」などのテクニカルタームについての南さんのオリジナル解釈。中盤は座禅をするときに実際に感じられる現象と、それが「悟り」ではないことについて詳細に説明されて、大いに参考になりました。後半は、「学校」と「介護」を中心とした現代人の悩みに対する実践論。なんとなく実存主義のベースに仏教(特に道元)のものの見方が組み合わされていると思います。修行者として、というよりも苦しんでいる人に寄り添うという姿勢が感じられる好著です。2018/10/05

さっちも

17
著者の本を読むと、世の中と適当に距離を保って、あらゆる出来事をいなしながら生きていけるような気がする。初めて読まれるなら、為末大との共著「禅とハードル」からがオススメです。2019/12/01

rigmarole

16
印象度B+。第三章までは思弁に走り、宗教というより哲学でしょう。舌鋒も他著に増して鋭い。ですが第四章は一転して(と私は見受けます)家族や学校における生活実践に関する著者の持論が展開され、それまでの「無常」「無我」についての議論とのつながりが私には不明瞭。ただ、そこでの師の見解は鋭くまた通念とはかなり異なっているので、一読の価値はありです。「幸せになるのをやめる」はなるほど、かつ同感。しかし最後の、「自己」の根拠を他者との関係に求めるあたりは、まだ「自己の意味」に対する拘りが残っていると思わざるを得ません。2017/12/26

アルカリオン

9
坐禅は特殊な身体状態をテクニカルにつくりだすことができる。しかし、それは仏教の「悟り」とはまるで関係ない。もし、特殊な体験の結果、この世のすべてがわかってしまうような出来事を「悟り」だと考えるなら、それは「妄想」というものであり、「悟り」の錯覚に過ぎない。仏教のテーマは、そんな浅はかな「悟り」ではなく、あるものの見方や考え方、そして生き方の提案であり、言わば、その全体を「悟り」と称する、と受け取るべきである。そしてそれは、特定の境地に留まることではなく、実践の反復による、決して完結しない修行である。2018/04/30

アルカリオン

9
書名の主題に正面から取り組むとともに、そこから派生する論点及び現代社会の風潮への考察を論旨明快な文章でつづっています。繰り返し、熟読しようと思います。「『輪廻からの解脱』は『輪廻という考え方からの解脱』と考えればよい」(p86)という捉え方は、昨年、平野純氏の著作から着想を得て、私が個人的にたどり着いた考えと同じであり、驚くとともに大変、心強く感じました。2018/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12047156

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。