ベスト新書<br> 「悟り」は開けない

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

ベスト新書
「悟り」は開けない

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年10月23日 08時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584125588
  • NDC分類 188.84
  • Cコード C0214

内容説明

「坐禅」をする本当の理由とは?“ブッダの教え”その本質がわかる!恐山・院代が語るアウトサイダー仏教論。

目次

序章 「宗教」―何を問題にしているのか
第1章 「自己」―仏教からの問い(仏教は何を問題としているのか;仏教へのアプローチ)
第2章 「仏教」―基本のアイデア(「苦」「無常」「無我」について;「縁起」と「因果」について;「輪廻」について;「業」について;「無記」「空」について)
第3章 「悟り」―それは「開けない」(「煩悩」の問題;「悟り」とは何か;「坐禅」の意味;「涅槃」を考える)
第4章 「現代」―生きるテクニック(高齢化社会;人間関係;生き難さ;居場所)
終章 「若い友へ」―理由なき生のために

著者紹介

南直哉[ミナミジキサイ]
1958年、長野県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、大手百貨店勤務。1984年、曹洞宗で出家得度。同年、永平寺に入山。以後、約20年の修行生活を送る。2003年に下山。現在、福井県霊泉寺住職、青森県恐山菩提寺院代(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

自殺を一度も考えない人に、人の痛みがわかるわけがない―。永平寺で20年間修行をし、現在は恐山の院代である禅の鬼才・南老師が、「悟りとは何か」「涅槃とは何か」「私とは何か」について真正面から対峙しクールに語る、アウトサイダー仏教論。