ベスト新書<br> 象徴天皇「高齢譲位」の真相

個数:
電子版価格 ¥760
  • 電書あり

ベスト新書
象徴天皇「高齢譲位」の真相

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年05月27日 08時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 295p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584125410
  • NDC分類 288.41
  • Cコード C0295

内容説明

今の陛下は、天皇を国家・国民統合の象徴と定める日本国憲法により即位され、積極的に象徴の役割を果たして来られた。それが高齢化により困難となる手前で、自ら譲位を決断された。その叡慮を尊重するのは、日本国民の良識であり、政府・国家の責務であろう。本書は、「お言葉」の真意を読み解き、その背景にある現行憲法と皇室典範の全容を解説した上で、法整備の具体的な解決策と今後の議題を示す。

目次

プロローグ 今上陛下の鋭い問題提起
第1章 「生前退位」のご意向を読み解く
第2章 「天皇陛下のお言葉」を読み解く
第3章 憲法の規定する象徴世襲天皇
第4章 皇室典範に規定された皇室制度
第5章 高齢譲位の実現方法と残る課題
エピローグ 次の代始への展望

著者等紹介

所功[トコロイサオ]
昭和16年(1941)12月岐阜県出身。名古屋大学史学科・同大学院修士課程卒業。皇學館大学助教授・文部省教科書調査官を経て同56年(1981)より京都産業大学教授。法学博士(慶應義塾大学・日本法制文化史)。平成24年(2012)より京都産業大学名誉教授、モラロジー研究所教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

天皇のお言葉の真意を読み解き、現行憲法と皇室典範の全容を解説、法整備の解決策と今後の議題を示す「生前退位」問題の最良本。