ベスト新書<br> 福岡 地名の謎と歴史を訪ねて

個数:

ベスト新書
福岡 地名の謎と歴史を訪ねて

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2019年05月27日 14時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584125045
  • NDC分類 291.91
  • Cコード C0226

内容説明

福岡は“歴史の宝庫”だった!古代からアジアの玄関口であり、いまなお歴史の舞台となり続ける…九州中枢の底知れぬ魅力。博多、小倉、太宰府、久留米、柳川…県全域を網羅。写真・周辺地図・折り込みマップつき!

目次

第1章 福岡県の地名を訪ねて
第2章 福岡県の古代を訪ねて
第3章 福岡県の中世を訪ねて
第4章 福岡県の戦国時代を訪ねて
第5章 福岡県の江戸時代を訪ねて
第6章 福岡県の幕末維新を訪ねて
第7章 福岡県の近代を訪ねて
第8章 福岡県の昭和を訪ねて
第9章 福岡県の神社仏閣を訪ねて
第10章 福岡県の文化を訪ねて

著者等紹介

一坂太郎[イチサカタロウ]
1966年兵庫県芦屋市生まれ。大正大学文学部史学科卒業。歴史研究家。現在、萩博物館特別学芸員、至誠館大学特任教授、防府天満宮歴史館顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

歴史と文化の宝庫である福岡には、驚くべき歴史的エピソードや知られざる史実が数多くある。地名と歴史の謎を紐解くうちに、福岡の新たな魅力に出会える1冊。写真や地図も収録!