ベスト新書
カリスマ論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584124918
  • NDC分類 361.43
  • Cコード C0295

出版社内容情報

大多数の人々にとってカリスマは遠い存在に思えるが、私たちはカリスマになれる……。本書では一括りにされるカリスマをタイプによって分類し、それをもとにどのようにカリスマに“成る”か、どのようにしてカリスマと“付き合って”いくべきかを論考する。

内容説明

ホームレス小谷くんは、かつて無名の売れない芸人でした。ところが「1件50円でどんな依頼も引き受ける」という活動をはじめたところ、多くの人から支持され、応援され、大勢の人が彼の考えに賛同して動いてくれるようになりました。スティーブ・ジョブズやホリエモンのように、ものすごく大勢の人に影響を与える「大カリスマ」にはなかなかなれるような気はしません。でも「小谷くんのように生きたい」という若い人は少なくないのです。いろいろな場所に行けて、人に出会えて、好かれて、応援される。そんな「小さなカリスマ」になることで、お金を介さずに最短距離で幸せに近づいてみませんか?

目次

第1章 カリスマの時代(カリスマになったホリエモン;オンラインサロンという新たなビジネス;カリスマはビジネスになる)
第2章 カリスマとは何か?(カリスマの3分類;カリスマによく似た存在;カリスマの4要素;新旧のカリスマビジネスを比較する)
第3章 小さなカリスマと、大きなムーブメント(「ホームレス小谷」という生き方;小さなカリスマの答え;カリスマを育てる;カリスマをめざす「キングコング西野」)
第4章 イワシとサポーター(ネット民の乱;ネットは武器である;イワシ化する私たち)
第5章 世界に参加する(カリスマが世界を動かす;カリスマの時代を生き延びる)

著者等紹介

岡田斗司夫[オカダトシオ]
1958年大阪府生まれ。社会評論家。1984年にアニメ制作会社ガイナックスの創業社長をつとめた後、東京大学非常勤講師に就任、作家・評論家活動をはじめる。立教大学やマサチューセッツ工科大学講師、大阪芸術大学客員教授などを歴任。2010年に「オタキングex」(現FREEex)を立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

harass

67
今はYou Tubeを中心に活動している著者。彼の持論である「評価経済社会」を体現化するような人物、出所後のホリエモンやキンコン西野などの新しい『カリスマ』について語る新書。主観が強い風におもうが、著者のYou Tubeを続けて見ているといろいろ補完できる。ホリエモンなどのオンラインサロンを先取りしすぎていた岡田に驚く。補助的な読み物として。2021/04/10

Babachan.com

26
カリスマについて定義をした面白い内容です。ホームレス小谷くん等、世の中には色んなカリスマがいるんだなと感心しました。2016/01/11

リキヨシオ

22
著者によると「カリスマ」には、1・メディアから与えられたカリスマ称号、2・一部が知る影響力は持つが範囲は狭いカリスマ、3・広い範囲に影響力を持ったカリスマがあり、カリスマ読者モデル、カリスマ店員、カリスマブロガーなど、個人的にこの人誰だ的カリスマはメディアからカリスマの称号を与えられたジャンルごとの代表者にすぎない。そして本作が取り上げたカリスマ広い範囲に影響力を持ったカリスマで、カリスマには「ひとり勝ちタイプ」「理解されない正義タイプ」「心の闇タイプ」「実は求道者タイプ」「バランスタイプ」がいるという。2016/01/26

ちゅんさん

17
はぁ、なにこれ。自分のことカリスマって言うし例えが西野ばっかりだし、途中からパラパラ読みしてたら最後の最後で自分のサロンへの勧誘してるし、時間の無駄でした。2018/09/29

12
んー、「カリスマ」という言葉を何かに置き換えると、ちょうどいいのではないかと、暫し思案する。最上例がホリエモンだからなあ。いつものように図まで書いて熱弁するも、例えばどのくらいの期間で支持されるかは意識にない(ふりかも)。カモを集める口上としては、テンポもよくて怪しい感じも却って魅力に映るかも、だけど…フリー何とかが行き詰まってますね?あとがきがびっしり宣伝なのは、悲鳴じゃないですか?2015/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9945598

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。