ベスト新書<br> 変えることが難しいことを変える。

個数:
電子版価格 ¥712
  • 電書あり

ベスト新書
変えることが難しいことを変える。

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月25日 20時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 247p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584124871
  • NDC分類 783.48
  • Cコード C0275

出版社内容情報

リーダーの役割とはなにか。「変えられないことを変える」ことだ。W杯目前のラグビー日本代表GMが行なった改革、リーダー像。

内容説明

ラグビーW杯開幕、W杯日本開催、東京五輪、世界との戦い…ラグビー界の未来へ向けた改革と哲学。

目次

第1章 目標を変える
第2章 変えることが難しいことを変える1
第3章 メンタリティーを変える
第4章 現実との距離を変える―日本ラグビーが抱いてきた神話
第5章 ラグビーのイメージを変える
第6章 日本の方向性を変える―エディー・ジョーンズが目指す攻撃的ラグビー
第7章 日本代表のアイデンティティーを変える
第8章 変えることが難しいことを変える2
終章 未来を変える―すべては2021年のために

著者等紹介

岩渕健輔[イワブチケンスケ]
1975年12月30日、東京都生まれ。小学生の時にラグビーをはじめ、青山学院大在学中に日本代表初選出。卒業後の1998年に神戸製鋼入社後にケンブリッジ大学に入学し、2000年にイングランドプレミアシップのサラセンズ入団。その後サニックスやフランスのコロミエ、7人制日本代表の選手兼コーチなどを経て、2009年に日本協会入り。2012年より日本代表のゼネラルマネージャーを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

23
これがあったから、あのワールドカップの結果があったんだと思う。もちろん、それを受け入れた人たちや、それに答えた選手やスタッフ自身の能力も根底にはある。しかし、それを組み立てる方針・人がいないと、ここにまでは到達しない。これもまた、先を見越したワンステップに過ぎないのだろう。それにしても、なぜ、ラグビーはここまで人の魂を揺さぶるのだろうかと思う。他の競技にはないものが、ラグビーにはある。2016/03/13

Motomi Kojima

10
日本で唯一GM制度が機能しているラクビー日本代表GM岩淵さんの本。子供の頃、正月に親戚で集まるとラクビーの早明戦を見た。国立競技場にも行き、熱気、人の多さ、熱気に圧倒された。ただJリーグが始まった後サッカーに心が移ってほぼ忘れていた。少しずつ日本が強さをとりもどしていく中でニュースがきになるようになりウェールズ戦を秩父宮に観に行きピッチが近い競技場でのゲームの迫力、スピードに魅了されヨーロッパの古豪に勝ったことに感動した。岩淵さんはどん底から一連の仕掛けをした人。戦略を作り一流の監督を呼び変化を起こした。2015/09/10

ざび

6
ワールドカップ前の勉強本。日本ラグビー協会のGMに就任して以降の話が詰まっている。エディ・ジョーンズのスーパーラグビー監督への引き抜きの話やスーパーラグビー参加への苦労など興味深い話が目白押し。イングランドラグビーWCでのJAPANの活躍を祈ります。2015/09/17

Hitoshi Hirata

5
ラグビー日本代表がW杯で南アフリカに勝った今、おそらく最も読む価値の高い一冊。 優れたスポーツマネジメントの本は、ほぼ例外なくビジネス・人生にも役立つ本だが、本書も間違いなくそれに当てはまるはず。 ラグビー日本代表GMの岩渕健輔氏の組織論・マネジメント論であり、チャレンジを重ねた勇気のノンフィクション。 こんなこと書いておきながらなんですが、先入観なく読んでも膝を打つこと必至の名著ですよ。2015/09/21

hatagi59

4
岩渕さんの考え方が良く分かる本。 ジャパンウェーというビジョンの更なる昇華、個人の継続した鍛錬、日本国内のラグビー界のサステナビリティーとプロフィッタビリティの確立、スーパーラグビー参戦によるラグビー人気の掘り起こし。 これらが順調に進めば、かなり楽しみな状況になるな。 まずは日本でスーパーラグビーを見たいな。2015/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9856448

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。