ベスト新書
老化に効く!科学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584124673
  • NDC分類 491.358
  • Cコード C0240

内容説明

脳の老化、細胞の老化…一体何が起こっている?「徹夜がつらくなった」「物忘れがひどくなった」「駅の階段でひと休みしてしまう」などなど、日々の生活の中でふと実感する衰え。物理学・医学・生物学、さらには哲学まで含めたあらゆる見地から、「老化」にアプローチ。

目次

第1章 「老化」って何だろう?
第2章 老化の鍵を握る「細胞」
第3章 脳の老化を考える
第4章 老化に打ち勝つことはできるのか?
第5章 老化が怖いのはナゼ?
第6章 「老化」と仲良く生きるために

著者等紹介

竹内薫[タケウチカオル]
1960年、東京生まれ。サイエンス作家。東京大学卒。マギル大学大学院博士課程修了。理学博士。「サイエンスZERO」(NHK Eテレ)のナビゲーターも務める

丸山篤史[マルヤマアツシ]
1971年生まれ。大阪大学大学院医学系研究科単位満了退学。医学博士。生命科学(生理学、神経科学、医用工学など)専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ti

5
活性酸素が生体分子を破壊する。ミトコンドリアが(酵素Q10とaリポ酸を使って)活性酸素を処理。抗酸化物質(ビタC等)も役立つ。酵素栄養学は全てウソ。更年期障害の正体はホルモンの量の減少。牛肉はチロシンが多く含まれていて、これがドーパミンの材料に。外部からの過剰投与は体内での生産機能をを下げる。使わない機能は低下していく、筋肉もそう。筋肉は動くと良い物質を分泌する。動かさないと自分を分解するためサイトカインを出してしまう。運動が免疫細胞を活性化させる。腹7分目が長寿の秘訣。物理の話が多い。相対論の説明良い。2016/03/10

ねええちゃんvol.2

1
★★★対談で読みやすかった。面白かった。2016/11/01

sutekibito

0
分かりやすい内容、よりよく生きる道を探すという姿勢が良かった。2016/07/30

jetcity

0
ASAPサプリ飲むわ。2016/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9158542

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。