ベスト新書<br> 「砂糖」をやめれば10歳若返る!

個数:
電子版価格 ¥602
  • 電書あり

ベスト新書
「砂糖」をやめれば10歳若返る!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月06日 02時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 188p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584123805
  • NDC分類 498.55
  • Cコード C0295

内容説明

精製された「砂糖」、「塩」、「油」…かつて、人類はこれほどまでに脳に直接的に快楽を得られる食べ物を手に入れたことはありませんでした。そして、近年の研究で、これらの食べ物が一般に「麻薬」と呼ばれるものとまったく同じメカニズムで脳に快楽を与えて、体に刷り込みを与えていることが明らかになってきています。砂糖、油、塩の中毒から抜け出すことは、単なる美容や、個人の幸せという観点からだけでなく、人体の健康上の必須課題であります。

目次

導入 あなたも「砂糖中毒」かもしれない!
第1章 「ビジネスモデル」の罠にはまるな!
第2章 身近な食品が「麻薬」になるメカニズム
第3章 「砂糖プロモーション」の嘘を暴く
第4章 砂糖中毒を断ち切る体づくり
第5章 「白澤式ケトン食」で老けない、ボケない、病気にならない

著者等紹介

白澤卓二[シラサワタクジ]
1958年、神奈川県生まれ。順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。医学博士。1982年千葉大学医学部卒業後、東京都老人総合研究所分子病理部門研究員、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーなどを経て2007年より現職。専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。日本抗加齢(アンチエイジング)医学会理事。健康番組でのわかりやすい老化防止解説で定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パフちゃん@かのん変更

85
うわ~、予想以上に厳しい内容でした。「砂糖」だけでなく「塩」も「油」も「白米」もマイルドドラッグだという。この本の内容は守りきれないので、せいぜい、「腹7分目」と「野菜から先に食べる」を心がけること、間食は控えること・・・。出来れば複数でコメディーを見て笑うこと。色とりどりの食材を摂ること。「10歳若返る」は釣り?2014/07/13

安南

33
内容はタイトルとちょっと違い、糖質依存の怖さについて。正否はともかくこの説に洗脳されても特に害はなさそう。定説では、イライラしたりボーっとするのは、血糖値が下がるからで、甘いものを摂取すればスッキリして頭が働く《脳の栄養=糖質》と言われているが、でも実際は逆で、中毒に陥っているからこそ不足したときにイライラするのだと。なるほど一理ある。若返りたいとも、痩せたいとも思わないが、なんに於いても 《依存》は困る。常に飢餓感、喪失感を感じて生活するなんてウンザリだよ。んー、でもショコラは止められないな…。2014/10/13

HMax

27
カフェイン中毒、チョコレート中毒であることが判明しました。コーヒー・緑茶を飲まないと頭痛がする、むしょうにチョコレートが食べたくなる。今もコーヒーを飲みながらチョコレートを食べて読書。血糖値を上げるホルモンは多数あるが、下げるホルモンは1種のみ。過剰放出が続き、悪影響が脳に出ている可能性大。ピンピンコロリを希望するのでまあいいか。ロンドンでは飲んだ後の締めにカレーというのは驚きとともに納得。多くの人と腹を抱えて笑うとエンドルフィンの放出作用が高い、それは演者にも言えるそう。吉本新喜劇は歌舞伎に勝る。2019/05/05

ごへいもち

27
読友さんご紹介本。新書にしては専門的な部分は飛ばし読み。とにかく腹7分目。甘いお菓子やファストフードは避ける…など気をつけよう。こういうことって知識があるとないとでは人生が大きく違ってくるだろうなぁ2014/09/01

ヨータン

18
うすうすとは気づいていたのですが、この本を読んで私はやはり「砂糖中毒」だったんだな〜と気づきました。運動たくさんしているのに砂糖漬けの体だったなんて。白米を食べないと言うハードルは高いので、まずは甘いお菓子とスナック菓子を極力控えようと思います。2014/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4952997

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。