キャンプでやってみる 子どもサバイバル

個数:

キャンプでやってみる 子どもサバイバル

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月26日 05時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784583111056
  • NDC分類 786
  • Cコード C2075

出版社内容情報

楽しいキャンプの仕方だけでなく、災害への対策、危機管理なども紹介。自然の中で生きる子どもサバイバル術。著者は危機管理リーダー教育協会代表、ワイルド・アンド・ネイティブ代表を務める。

内容説明

自然は、生きるために必要なものを与えてくれます。その中で、生きるための力は、3つに分けられます。「受け入れる力」「感じる力」「同調する力」本書では、親子が一緒に「サバイバルキャンプ」をしながら、この3つの「生きる力」を学び、育むことを目的としています。

目次

第1章 ネイティブアメリカンの教え 理論編(自然の中を生き残った子ども;アウェアネス;「自然が子育てをする」 ほか)
第2章 ゲームを通じて学ぶ・感じる 導入編(アウェアネスゲーム1 裸足で冒険してみる;アウェアネスゲーム2 狩りのゲーム;トラッキングゲーム1 動物のこん跡を見つける ほか)
第3章 自然の中で生きるテクニック 実践編(原始のナビゲーション1 五感を働かせて少しずつ移動;原始のナビゲーション2 東西南北の指標は物語で覚える;シグナリングを覚えよう ほか)
付録

著者等紹介

川口拓[カワグチタク]
一般社団法人危機管理リーダー教育協会代表理事。自然学校「WILD AND NATIVE」主催。1971年埼玉県生まれ。1990年代よりカナダやアメリカを何度も訪れ、雪山登山、ロッククライミング、カヌー、カヤック、野外救急法、野外教育法、ネイティブアメリカンの古来の教え、サバイバル技術などを学ぶ。2001年より自然学校「WILD AND NATIVE」を主催し、地球とのつながりを感じる自然体験プログラムを実施している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Susumu Tokushige

15
オリエンテーリング的なものを考えるにあたり、参考文献として活用したく読む。火起こしの方法が4つ(メタルマッチ、虫めがね、弓キリ式、竹弓式)あるが、メタルマッチが格好良い。ティンダー(燃えさし)に先端をあて、根本から先端に向かってプレートをジャッ!とこすって着ける。うーん欲しい。弓キリ式は経験あるが、竹弓式(割った竹をこすり合わせて摩擦熱で火をおこす)は初めて知った。これで本当に火が着いたら格好良い。惚れる。オリエンテーリングに使えそうなものでは無いが、キャンプとかでやってみたい。御飯も美味しくなりそうだ。2018/04/18

yoshi

2
拓さんのブッシュクラフト。これが子ども向けにわかりやすくワクワクする本になってるなあ。2018/06/09

絵具巻

1
文京区立根津図書館で借りました。2019/08/16

あちこ

1
12歳の弟くん用に借りた本。写真が多くて、子どもにも理解しやすい。あえて言うならば、写真はジグザグに並べないほうが目で追いやすいかな。ネイティブインディアンの教えが、いちいちカッコイイ。2017/06/22

Sinya Suzuki

0
図書館本。冒険手帳よりワクワク度は低いけど間違いなく使える。2019/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11937260

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。