世界一受けたいサッカーの授業―戦術・戦略に欠かせない100の基本

個数:

世界一受けたいサッカーの授業―戦術・戦略に欠かせない100の基本

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年09月21日 11時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/高さ 21cm
  • 商品コード 9784583110943
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C2075

内容説明

育成大国スペインを代表する戦術インストラクター集大成の一冊!

目次

知識の伝達方法は議論の的になり続ける
育成年代の目的設定とそれを達成するための方法論
そのほかの職業で行われているような継続した観察や分析は、フットボールという職業においても、職業訓練の質を維持向上させるために必要である
知識の伝達を通じて、フットボールを『見る』ことをサポートする
フットボーラーはピッチで思慮深い存在でなければならない
戦術の進化は終わりを知らない
監督は自チームがロジックを機能させられるようにしなければならない
戦術は技術よりも短い時間で習得される
戦術的判断に影響を及ぼす要素には、スペース、スピード、時間がある
決断されたアクションは味方に安定を与え、相手には対応を余儀なくさせる。その結果、相手をだますことにつながる〔ほか〕

著者紹介

エチャリ,ミケル[エチャリ,ミケル] [Etxarri,Mikel]
1946年9月18日生まれ。サンセバスチャン出身のスペイン・バスク人指導者。バスク・サッカーの代表格であるレアル・ソシエダで20年以上勤務し、育成年代コーチ、育成ディレクター、U‐23チーム監督、トップチームコーチ、強化ディレクターを歴任した。また、「現地指導者養成の父」と呼ばれ、指導者養成インストラクターとして約40年にわたり、若手指導者の育成にあたっている。スペインそのほかにおいて現在トップレベルで活躍する、多くの指導者を教え子に持つ

岡崎篤[オカザキアツシ]
1985年4月21日生まれ。大阪府枚方市出身で、UEFAプロライセンスを所有する指導者。筑波大学大学院卒業後の2010年に、指導者としての力を養うために、スペインのバスクへ渡った。これまでに、現地のジュニア、U‐15、U‐18、社会人チームにおいて、第1監督を歴任。16‐17年シーズンは、アスカルチャFT・ユースA、同U‐11の2チームで監督として指導する。15‐16年シーズンは、乾貴士(日本代表)が所属するエイバルに帯同し、同選手のトレーニング通訳を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)