BBMスポーツ科学ライブラリー<br> 科学する野球―ピッチング&フィールディング

個数:
  • ポイントキャンペーン

BBMスポーツ科学ライブラリー
科学する野球―ピッチング&フィールディング

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年12月17日 02時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 187,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784583110554
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C1075

内容説明

“野球インテリジェンスを鍛えよ!”野球科学研究の第一人者が、技術と体力に鋭く切り込む!

目次

第1部 ピッチングの科学 The Science in Pitching(ステップを科学する―体幹を支える踏み出し脚;ステップを科学する―脚の踏み出し時の体幹の捻り;腕の振りを科学する―体幹の回転と腕の振り;投球動作のタイプを科学する―投球動作のタイプ別の特徴;コントロールを科学する―腕の振りとコントロール;ボールリリースを科学する―指の反動動作;踏み出し脚と腕の振りを科学する―脚と腕のマッチング;体格を科学する―野球選手のからだつきの特徴;体力トレーニングを科学する―高強度・短時間の間欠的運動;障害予防を科学する―投げた後の身体の手入れ;投手の能力を科学する―様々な観点からの投手の能力評価;野球の指導を科学する―野球指導者の責務)
第2部 フィールディングの科学 The Science in Fielding(ゴロの補球を科学する―ゴロへのスタートから捕球して送球;ゴロの補球姿勢を科学する―送球を考えた捕球動作;ゴロの捕球から送球までを科学する―早く正確な送球のための守備練習;フライの捕球を科学する―前後のフライの判断;盗塁阻止を科学する―投捕共同での盗塁阻止)

著者紹介

平野裕一[ヒラノユウイチ]
1953年、東京生まれ。東京大学大学院教育学研究科・助教授、国立スポーツ科学センター・副センター長を経て、法政大学スポーツ健康学部・教授。1980~82年、1990年11月~96年の2度にわたり東京大学硬式野球部の監督として指揮を執った。2013年からは全日本野球協会・選手強化委員会医科学部会員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)