日本ラグビー論

個数:

日本ラグビー論

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年10月01日 21時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784583109961
  • NDC分類 783.48

内容説明

2019年W杯ベスト4は現実か?!スーパーラグビー参戦はゴールではない。日本ラグビーが真の成功を収めるためには、さらなる前進が必要不可欠だ!

目次

第1章 エディー・ジョーンズからの卒業(“日本らしさ”とは何か?;近代的な大松方式 ほか)
第2章 世界の潮流と日本(日本代表は本当に強くなったのか;増加する旧共産圏的強化方法 ほか)
第3章 日本代表強化の切り札、スーパーラグビー参戦(日本国内の争いでは限界がある;サンウルブズ誕生 ほか)
第4章 セブンズとジュニア・ジャパン(オリンピック出場を決めた7人制;ゼロからスタートしたサクラセブンズ ほか)
第5章 日本ラグビーの理想を追って(若手世代の育成;日本ラグビーを売り込む ほか)

著者紹介

岩渕健輔[イワブチケンスケ]
1975年、東京都生まれ。青学高から青学大に進み、大学2年時にジャパンに初選出される。卒業後、神戸製鋼に入社。98年10月にケンブリッジ大に入学し、翌年12月、オックスフォード大とのヴァーシティーマッチに出場し、ブルーの称号を得る。99年W杯メンバー。00年サラセンズと契約。97年、01年セブンズW杯出場。日本ラグビー協会ハイパフォーマンスマネジャーを経て、2012年より日本ラグビー協会日本代表ゼネラルマネジャー。日本代表キャップ20(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)