三兄弟をプロサッカー選手に導いた子育て論 己

個数:

三兄弟をプロサッカー選手に導いた子育て論 己

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年09月27日 22時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784583109923
  • NDC分類 379.9

内容説明

家庭環境はすべての基本!いまこそ求められる父親のリーダーシップ。父親がしっかりと導いてあげなければ、ダメな子どもになってしまう!高木俊幸、高木善朗、高木大輔。三兄弟をプロ選手へ育てた秘訣とは―。いつ、どこで、どんな声がけをしてきたか?自立した子どもに育てる「38」の習慣と言葉。

目次

第1章 子どもの「個性」を伸ばす言葉(言葉の環境を整える;人のために尽くせる人間 ほか)
第2章 子どもの「自立心」を育む言葉(決定権は子どもに与える;ゆとりを持って接する ほか)
第3章 子どもの「人間性」を高める言葉(自分自身を知る;素直になることの大切さを説く ほか)
第4章 子どもの「夢」をサポートする言葉(「なれたらいい」ではなく、「なる」;プロ目線で言葉をかける ほか)
第5章 三兄弟の心に残る「父親」の言葉(インタビュー1 長男・高木俊幸(浦和レッドダイヤモンズ/FW)「父の言葉があったからこそ、プロとしてやれる力がついた」
インタビュー2 次男・高木善朗(東京ヴェルディ1969/MF)「お前はわかっているよな、と問いかけてくる父のフレーズが深く心に残っている」 ほか)

著者紹介

高木豊[タカギユタカ]
1958年山口県防府市生まれ。多々良学園高校(現・高川学園高校)、中央大学を経て、81年にドラフト3位で横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)へ入団。2年目から二塁手としてスタメンを勝ち取り、俊足の加藤博一、屋鋪要とともに「スーパーカートリオ」として大活躍。ベストナイン3回、盗塁王1回など、数々のタイトルを受賞した。94年引退後は野球解説者、横浜DeNAベイスターズコーチ、アテネ五輪コーチ等を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

3人の息子をJリーガーへ育て上げた元プロ野球選手・高木豊氏。独特な育成方法を踏まえて、育成論を語る。