ベースボール・マガジン社新書
投球革命―テッペン、取ります!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784583102412
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0275

内容説明

2009年のWBCで日本の連覇に貢献し、シーズンでは東北楽天を初の2位に導いた著者。クライマックスシリーズではお立ち台で「テッペン取るのは本気ですから!」と叫び、ファンを狂喜させた。口下手を自認する著者が宣言に込めた心情、自信の源とは?07年にヒジの手術後、「投球は100球を目安に」と医師から告げられ、先発投手としての野球観を変えた。逆境を越えるには自分で自分の投球に革命を起こすしかない。それがテッペンに続く道だから。

目次

第1章 アテネ、北京、そしてロサンゼルス(WBC合宿は最悪の状態だった;北京五輪落選のショック ほか)
第2章 「テッペン取るのは本気ですから」(虚脱感を抱えながらの開幕;苦手の東京ドームでゴロの山 ほか)
第3章 ネガティブをポジティブに(ヒーローは強くて、カッコいい;本当は左利き ほか)
第4章 未来のエースたちへ(コントロールは気持ちが左右する;速いボールを投げるには遠投を ほか)

著者等紹介

岩隈久志[イワクマヒサシ]
1981年4月12日、東京生まれ。190センチ77キロ。堀越高から2000年、ドラフト5位で大阪近鉄に入団。2年目の01年後半に台頭し、チームの優勝に貢献する。03、04年と15勝をあげ、04年は最多勝、最優秀投手(最高勝率)、ベストナインを獲得した。04年オフにオリックス・近鉄の統合球団にプロテクト後、東北楽天に移籍。05年に9勝をあげたあとケガに泣くが、08年に完全復活した。28試合、21歳4敗、防御率1・87で最多勝、最優秀防御率、最優秀投手の投手三冠に輝き、沢村賞にも選ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。