ベースボール・マガジン社新書
133キロ怪速球

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784583101699
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0275

内容説明

日本球界を代表するベテラン左腕・山本昌。2008年には史上24人目の200勝投手となった。83年秋のドラフト5位で中日に入団した著者は体だけは大きかったが、しかし決して才能に満ちあふれていたわけではなかった。戦力外通告におびえていた著者は何を考え、弱肉強食のプロの世界でいまもなお生き残ることができているのか。どこにでもいた“普通の”野球少年が“特別の”投手になった理由とは。プロ26年目にして初の自著。

目次

第1章 投手としてのこだわり
第2章 野球人生のスタート
第3章 転機―米国野球留学
第4章 プレッシャーとの付き合い方
第5章 わが師の教え
第6章 「遊び心」を磨く
第7章 正しい努力の方法

著者等紹介

山本昌[ヤマモトマサ]
本名は山本昌広(やまもと・まさひろ)。1965年8月11日、東京都生まれ。左投左打。神奈川・日大藤沢高から83年秋のドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。プロ5年目、88年の米国への野球留学をきっかけに飛躍。同年8月プロ初勝利。以後はスクリューボールを武器に活躍。93、94、97年に最多勝利、93年に最優秀防御率、94年に沢村賞を獲得。2006年には対阪神戦で史上最年長となるノーヒットノーラン、08年には史上24人目となる200勝を記録した。日本球界を代表するベテラン左腕(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。