別冊太陽<br> 古墳時代美術図鑑

個数:

別冊太陽
古墳時代美術図鑑

  • 古谷毅
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 平凡社(2016/12発売)
  • ポイント 25pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月29日 07時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4変判/ページ数 159p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784582922462
  • NDC分類 702.13
  • Cコード C9421

出版社内容情報

古墳時代に作られ、または渡来した遺物に注目し、モノから見える古墳時代の美を紹介。銅鏡、埴輪、工芸品、武具などを網羅的に紹介!

古谷 毅[フルヤ タケシ]
東京国立博物館主任研究員

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

姉勤

28
古墳時代(約3世紀〜6世紀)の発掘品を美術の視点から。銅鏡や装飾品、武器などの金属製品、勾玉などのアクセサリー、多種多様なハニワ。そして、主役たる古墳の空撮。渡来物はともかく、レプリカなり発展型が作れたことは、技術と資源があり、それを維持できる経済と余裕は、後進を卑下することでなく、技術の発達の所以が当時の大陸の血みどろ具合に比べれば、「まほろば」にふさわしい世界があったのではないか。ハニワや意匠の美や工夫に費やすエネルギーを見ると、どうも古墳を作った人々が鞭でしばかれて苦役させたれたとは思えないのよね。2019/06/11

ここ

3
弥生から古墳時代にかけてよく知れた。下げみづらは上、上げみづらは身分の下の人の髪型とは。あと勾玉が背中合わせの立花に惹かれた。飛鳥時代位から文化的になるイメージだけど、全然。ずっとゆたかだったし高度な生活があった。家の形、格好いいなぁ。日本人の服装や文化って本当はここにあるものかもなって。左袷になる以前のに。なのに全然詳しくない今が寂しい。陵の形の意味さえ解らないんだものね。鳥居形はいつ現れたんだろうなぁ。謎は尽きぬ。2018/08/23

暇人

2
古代の権力者は何故こんな奇っ怪なものを作ったのだろうか?最新技術をもつ渡来人らを駆使したのだろうが、スピリチャルな神秘性を感じる。機械のない中、手作業でよくここまで精巧に作れたものだ。2017/04/01

やま

2
古墳時代を美術の観点から幅広くみています。古墳時代も大陸からの技術や文化を日本的にしていたことが面白い。古墳から遺物までいろいろありますが、昔からサルの埴輪がかわいくてお気に入り。2017/03/11

夏みかん

0
実はこの時代に技術や文化がぐーんと発達したような気がした。古墳時代前期と古墳時代後期では生活用品や装飾品がかなり変化しているように思う。大陸との行き来も縄文や弥生時代に比べて随分増えてたんじゃないかな。2019/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11230935
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。