平凡社新書<br> パリ五月革命私論―転換点としての68年

個数:

平凡社新書
パリ五月革命私論―転換点としての68年

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 477p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582855951
  • NDC分類 235.07
  • Cコード C0222

内容説明

植民地闘争からヴェトナム戦争へ、プラハの春から全共闘へ、そして「郊外暴動」へ。六八年五月、パリで起こった「革命」は、二〇世紀後半の世界史的転換点だったのではないか。それはまた「私」の変革への希望でもあった。政府給費留学生として現場に居合わせた著者による、迫真のドキュメント、革新的思想の再起動。

目次

第1章 六八年五月以前(そのとき世界は;ゴダールの世界)
第2章 ナンテール・ラ・フォリー(ナンテールと三月二二日運動;ナンテール分校からソルボンヌへ)
第3章 六八年五月の写真が語るもの(写真を撮るということ;前兆 ほか)
第4章 知識人の問題(六八年と知識人―予備的考察;森有正と加藤周一―私的回想 ほか)
第5章 六八年革命とは何であったか―四三年後に見えてきたもの、見えなくなったもの(忘却と想起の抗争;一九八九年、フランス革命二〇〇年祭と東欧革命 ほか)

著者等紹介

西川長夫[ニシカワナガオ]
1934年、朝鮮・平安北道江界郡生まれ。京都大学大学院博士課程修了。立命館大学名誉教授。専門は比較文化論、フランス研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アズキ雲

4
【図書館本】あまり関心持てず、途中で挫折感。68年というか、70年前後の時代論なのかな。まだ社会主義というか共産主義に夢があったのかどうかよくわからないが。2018/12/16

tu-ta

2
ピープルズプラン研究所で行われている戦後研究会でこの本を扱うというので、読んだが、研究会には風邪で行けず。長い叙述の末、たどり着くのがウォーラーステインが世界システム論で説く68年の位置づけだったりするのだが、そこに至るパリの経験など、道筋は面白かった。2018/02/01

Yukiko

2
 五月革命について最初に読む本としてお勧め。 1968年のフランス五月革命が、「私」が語り始めた最初の革命だとして、まず、著者本人の「私」自身の体験や記憶にこだわって、五月革命の展開を再構成する。当時の知識人たちの5月への立場も明らかにする。さらに、2010年「ジャスミン革命」と2011年東電原発事故の発生した歴史的視点から、五月革命の意味を考察する。 5月革命当時に現れていた、新植民地主義、国内植民地主義の問題が、その後、深まっていること、5月が世界システムにおける革命であり、近代批判、文明批判であった2014/06/16

Mitsuhiro Uji

2
私が大学で初めて受講した専門科目は、西川先生の「比較文化概論」だった。いまや外国となってしまった故郷・朝鮮半島について語るとき、思わず涙ぐむ先生の姿をいまでも鮮明に覚えている。そんな圧倒的な当事者性が西川先生の国民国家論にはある。本書でも五月革命に共感しながら、どこか疎外され、彷徨するところに“永遠の故郷喪失者”の姿を見るのは私だけか。「私論」に徹することで68年革命に向き合おうとする姿勢に、理屈だけで「研究」している若い研究者とは違う、西川先生の体で覚えた、鍛えの入った「学問」の味わいがある。2014/06/14

JunTHR

2
五月革命の現場に“偽学生”として居合わせ、「68年問題は、結局、私の全生涯にかかわる問題であった」と語る著者の熱量がすごい。多くの引用で世界の思想家がそれをどう受け止めたのか、その場に居合わせた自分がどう受け止めたのかを詳述、問題は複雑で読むのは一苦労。65年のパリ・コミューンについて「フランスの学生たちは、パリ・コミューンの思い出を生きた」という言葉が印象的。学生運動の多くに言えることじゃなかろうか。個人的には第三章“68年5月の写真が語るもの”がグサグサ来た。フランスの学生、まじ異常にオシャレ。2012/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3840391

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。