平凡社新書
パリ五月革命私論―転換点としての68年

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 477p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582855951
  • NDC分類 235.07
  • Cコード C0222

内容説明

植民地闘争からヴェトナム戦争へ、プラハの春から全共闘へ、そして「郊外暴動」へ。六八年五月、パリで起こった「革命」は、二〇世紀後半の世界史的転換点だったのではないか。それはまた「私」の変革への希望でもあった。政府給費留学生として現場に居合わせた著者による、迫真のドキュメント、革新的思想の再起動。

目次

第1章 六八年五月以前(そのとき世界は;ゴダールの世界)
第2章 ナンテール・ラ・フォリー(ナンテールと三月二二日運動;ナンテール分校からソルボンヌへ)
第3章 六八年五月の写真が語るもの(写真を撮るということ;前兆 ほか)
第4章 知識人の問題(六八年と知識人―予備的考察;森有正と加藤周一―私的回想 ほか)
第5章 六八年革命とは何であったか―四三年後に見えてきたもの、見えなくなったもの(忘却と想起の抗争;一九八九年、フランス革命二〇〇年祭と東欧革命 ほか)

著者等紹介

西川長夫[ニシカワナガオ]
1934年、朝鮮・平安北道江界郡生まれ。京都大学大学院博士課程修了。立命館大学名誉教授。専門は比較文化論、フランス研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。