平凡社選書
古文書の中のフィクション―16世紀フランスの恩赦嘆願の物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 313p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784582841329
  • NDC分類 235.05
  • Cコード C0022

内容説明

近代初期のフランスでは、過失や正当防衛によって殺人を犯した者は、国王にたいして刑罰の軽減を乞うことが認められていた。そのために作成されたのが、自分の身の上や殺人のてんまつをしたためた恩赦嘆願書lettres de r´emissionである。歴史家デーヴィスは、殺人者=被告(貴族や職人や農民)、公証人、書記官、裁判官らの協同作業のうえに成立した、複数の〈声〉をふくむ嘆願書のなかに、16世紀フランスの人々がどのように物語を語ったか/語らなかったかを聴き取り、そこから、民衆がことを起こす際のモティーフや現実処理上のストステジー、想像力を発堀する。

目次

序論
第1章 物語の時間
第2章 逆上する男たちと正当防衛
第3章 血の雨と女の声
結論