闘う葡萄酒―都農(つの)ワイナリー伝説

個数:

闘う葡萄酒―都農(つの)ワイナリー伝説

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582836042
  • NDC分類 588.55
  • Cコード C0058

出版社内容情報

宮崎市から北へ40キロ、日本南限といわれる地にそのワイナリーはある。先達が築いた65年の葡萄栽培の志を継いでワイン造りに乗り出した、二人の若き醸造家の夢と希望の伝説。

目次

序章 先人の一徹を継いで
第1章 南限のワイナリー
第2章 驚きの酒を造る仲間たち
第3章 台風に耐える歴史
第4章 日向のスローフード
第5章 さらなる飛躍
特別寄稿 意外の連続だから驚きと発見がある(金子勝(慶應義塾大学経済学部教授))

著者等紹介

上野敏彦[ウエノトシヒコ]
1955年神奈川県生まれ。記録作家、ジャーナリスト。横浜国立大学経済学部卒業。79年より共同通信記者。社会部次長、宮崎支局長を経て編集委員兼論説委員。民俗学者・宮本常一の影響を受けて、取材で各地を歩き、コラムや書評を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

鳥義賊

1
これだけ評価の高いワインを作る地域が宮崎にあったんですね。不勉強でした。ただ第三者がドキュメンタリーとして読む文章としては、筆者の力を問いたいところです。ドラマ性もエピソードの素材も、読者を感動させる素材は充分揃っていたと思うんですけど。2015/02/19

ophiuchi

1
日本のワインへの見方が変わる一冊。都農ワイナリーのHPを見て「どれを買おうかな」と考えています。2013/03/19

peugeo

0
1ward 地域との共存 キーワード ワイン造りとは『農業そのもの』2015/10/01

sekitak

0
狂牛病の翌年見学に行った都農ワイナリー。いまでもワイン祭り前の忙しい時期に案内していただいた赤尾さんやちょこっと顔を出してくれた小畑さんを思い出す。それにしても、赤字と町議会に始まり、天候や季節、地元などいろいろな困難を乗り越えながらここまであんな片田舎で成功したワイナリーの生き様は格好いい。ワインを超えて良いエピソードがおおく、ワインを知らない人に特におすすめしたい。また、読まれたらぜひ宮崎を訪れてほしい。あの空気感がわかればきっとこの本は10倍楽しいし身にしみる。2013/04/11

あたおろち

0
ワイン栽培の最適地とは決して言えない、南国・宮崎県において、地元ブドウであるキャンベル・アーリーを中心にワイナリー経営に成功した都農ワイナリーの物語。はじめは、小畑工場長の武勇伝的なところが強い感じを受けたが、それはそれだけ個性的な人だったということで、ブドウ栽培や醸造などの描写を含めて、非常に細かいところまで描かれていた。ワイナリー経営の実践的教科書として、ノウハウがつまっている。日本ワインを取り巻く「宿命的風土論」などは呪縛でしかなく、努力によって超克した実例。2021/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5873209

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。