平凡倶楽部

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

平凡倶楽部

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月23日 19時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784582834901
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

平凡で、些細なこともじっと目を凝らして眺めていれば、日々はおかしなことだらけ。日常を描き続ける漫画家、こうの史代が貴方へ送る小さなお便り。待望の初エッセイ集。

目次

東京紀行
生きものたちの記録
戦争を描くという事
デジカメ日和
すくすく姫
花かぜの夜
遠い目
編集さんと作家の現場
かみ様々
るいるいかむい―「わしズム」28号「日本国民としてのアイヌ」より〔ほか〕

著者等紹介

こうの史代[コウノフミヨ]
1968年9月、広島市生まれ。1995年『街角花だより』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

149
こうの史代氏の初のエッセイ集。約1年WEB平凡で連載したものに、「わしズム」掲載分を収録した作品。実験的な作品が多い。じっくり読み進める味わいのある作品。自身の内縁の夫との馴初めや二人の関係を描いた「婚姻届」や、「古い女」にぞくりとさせられる。「戦争を描くという事」、ラストの「8月の8日間と80年間」は戦争について考えさせられるエッセイ。私達は実際に戦争を経験してないが、戦争を経験した人々に触れられる最後の世代になりつつある。戦争を伝えるという事は惨禍だけでなく日常も伝える事。非常に考えさせられる作品。。2016/05/04

えちぜんや よーた

83
エッセイあり、漫画あり、挿し絵ありで「こうのセンセのお徳用パック」といったところか。読むに従って誰かさんの考え方に似ているなぁと感じる。『病床六尺』を書いた正岡子規だ。子規も脊椎カリエスに苦しみながらも、身内に対するグチをこぼしたり、毎食の献立と感想を詳しく書いていた。そんなノリです。あと『この世界の片隅に』を描いた理由も述べられている。やはり生活者目線を信条とする漫画家さんだ。2016/12/26

コットン

77
エッセイ本ではありますが、コミックがふんだんに盛り込まれていていい。特に小作品『るいるいかむい』の漫画を描く淡々とした生活の描写に潤いを与えている、透明ちびっこ達の存在感が無いようで有るところが好き。また『古い女』の漫画の背景以外の模様(例えば小さいコマの寿退社のシーンのページいっぱいに赤熨斗の模様あり。)が面白い。2013/08/24

こうすけ

17
料理、花、鳥、仕事。こうの史代が日常をつづったエッセイ。ハンコで描いたり、編集者とのハガキのやりとりがあったり、小説があったり。表現力に満ち溢れていて面白い。しかし戦争の話題をはじめ、微かな毒がたしかにある。「なぞなぞさん」の話はゾッとした。2021/03/16

ジュール

11
こうのさん大好きだけで、これは漫画はともかく文章が読みにくかった。 字体のせい? ただ、原爆を他の戦禍と相対化している視線、確かに納得。 死者だけで言えば東京大空襲の方が多い。 だから本音では戦争ものは苦手といわれるのはよくわかる。2017/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/744313
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。