平凡社ライブラリー<br> 知識人とは何か

個数:

平凡社ライブラリー
知識人とは何か

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月01日 05時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 235p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784582762365
  • NDC分類 361.84
  • Cコード C0310

内容説明

「知識人とは亡命者にして周辺的存在であり、またアマチュアであり、さらには権力に対して真実を語ろうとする言葉の使い手である。」著者独自の知識人論を縦横に語った講演。

目次

第1章 知識人の表象
第2章 国家と伝統から離れて
第3章 知的亡命―故国喪失者と周辺的存在
第4章 専門家とアマチュア
第5章 権力に対して真実を語る
第6章 いつも失敗する神々

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ころこ

33
彼のパレスチナという出自はかなり珍しいのではないでしょうか。自らの境遇を故郷は実際に遠くにあるのではなく、日常的に故国を思われるものに囲まれて満たされない思いがついてまわると、追放亡命の身の者が位置付けられるのは中間状況であると表現しています。ここから知識人は定義されます。知識人といえば、超越的な専門性や精神性とそれらに裏付けられた権威が思い浮かびます。ところが、専門性は社会の有用性から国家への忠誠の圧力を受け、意見を統一させて懐疑を棚上げするよう求められます。著者のいう知識人は、集団思考から一歩退いた反2018/11/28

cockroach's garten

24
サイードの知識人論。体制におもねるばかりの”エセ知識人”は本当の知識人ではなく、アウトサイダーながら自分の主義を貫く意志の強い人が知識人であると語る。そして同じく迫害される者の味方であると。全体的にサイードの主張には同意できたものの、一つ腑に落ちないところがあって、彼が亡命者ならば誰でも知識人であるかのような書き方は疑問に思った。2020/06/15

はっせー

24
知識人はアマチュアであり、そして批判精神を維持するのが大事だとわかりました!しかし文章が難しく全部理解することが出来なかった。だからまた知識をつけて読みたいです!2018/11/22

isao_key

13
1993年に行われたBBCリース講演全6回を収録する。知識人をめぐる歴史、社会、世界等を論じている。訳者あとがきにあるとおり、著者の考える望ましい知識人とは「専門的知識を重装備したエキスパートではなく、アマチュアである。ひとつの分野に呪縛されて、ひたすら何かに奉仕する専門家ではなく、各分野を自在に横断できるアマチュア」と規定する。このアマチュアという概念について「社会の中で試行し憂慮する人間のことである」としている。知識人の役割については、世界人権宣言に記されている行動規準と規範を適用することだと述べる。2017/06/29

ジュン

13
高校や大学を出ておいて、いかなる政治的意見も持ち合わせていないのはゆるふわだが、一つの政治信条に完全に同化・教化されているのも「知的ではない」。まさにサイードがそうで、ゆえに彼はいつも不機嫌だった。「彼(サイード)は知的な意見の不一致を楽しみ、学問共同体のなかでの意見の衝突や、さらには不和を許容することを、その共同体が生き残るためには必要な条件だと考えていた」(トニー・ジャット)。知識人とは不機嫌で論争的であるべきだということを教えてくる一冊。2016/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/537887

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。