平凡社ライブラリー<br> 聖と俗の葛藤

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

平凡社ライブラリー
聖と俗の葛藤

  • 堀 一郎【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 平凡社(1993/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 16時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 361p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784582760224
  • NDC分類 387

目次

伝承の権威―神話と密儀の意義について
「聖」と「俗」の葛藤
神の死について―その宗教民俗学的考察
「贖ない」と「憎しみ」
密儀集団における死と再生―加入礼の宗教的意味
シャーマニズムの問題
巫者と文学―序説
日本文化の潜在意志としての神道―ベラ教授とエリオットの所見をめぐって
日本人の宗教的態度
神を創作する日本人
日本仏教の特質―「真俗一貫」から「非僧非俗」へ
風土と宗教
社会変動と宗教
非聖化社会のなかの宗教と擬宗教
被抑圧感から逃避と攻撃へ―日本人の「祭」にみる衝動過程
家と宗教
韓国の宗教事情
紆余曲折―私の学問遍歴
エリアーデ教授との最初の出会い―1957年日記抄
柳田国男と宗教史学
柳叟翁と『俳諧評釈』について