イタリア芸術のプリズム―画家と作家と監督たち

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

イタリア芸術のプリズム―画家と作家と監督たち

  • 岡田 温司【著】
  • 価格 ¥3,300(本体¥3,000)
  • 平凡社(2020/05発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 150pt
  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2020年07月15日 15時11分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582479065
  • NDC分類 778.237
  • Cコード C0070

内容説明

せめぎあう伝統と前衛。ルネサンスやバロックという偉大な遺産を受け継ぐイタリアで、現代の芸術は、いかに過去と向き合い、乗り越えるのか―映画と絵画と文学のうちに分光され屈折される多彩な光を読む。

目次

1 ピランデッロと初期映画
2 フェリーニとカトリシズム
3 パゾリーニと伝統のアヴァンギャルド
4 アントニオーニとイメージの迷宮
5 ベルトルッチと造形芸術

著者等紹介

岡田温司[オカダアツシ]
1954年生。京都大学大学院博士課程修了。京都大学名誉教授。西洋美術史。著書に、『モランディとその時代』(吉田秀和賞、人文書院)、『フロイトのイタリア』(読売文学賞、平凡社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

西洋美術史家にして現代思想のよき道案内である著者の小さな総括。黄金期70年代までの映画を真ん中に、美術、文学、思想、宗教を縦横無尽に語り尽くす快著。