変貌する北野天満宮―中世後期の神仏の世界

個数:

変貌する北野天満宮―中世後期の神仏の世界

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年08月24日 17時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 383p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784582469097
  • NDC分類 175.962
  • Cコード C0021

内容説明

多角的に描き出される北野社のありようと変容。文献史料・絵画資料の精読をもとに、方法的に設定された多彩な視角から、中世後期北野社の歴史的リアリティに迫る、画期的な論集。

目次

第1部 空間(北野に通う松の下道―一条通と北野・内野の風景;北野の馬場と経堂;空間から見る北野天神信仰の特徴)
第2部 組織(中世後期「北野社」神社組織における「一社」;北野宮寺法花堂供僧の設置―法螺を喜ぶ北野天神のために;松梅院禅予殺害事件と殿原衆の行動)
第3部 信仰の諸相(室町期における北野祭礼の実態と意義;天神信仰における牛の由来)

著者紹介

瀬田勝哉[セタカツヤ]
1942年生。大阪府大阪市出身。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。武蔵大学名誉教授。専攻、京都中世史、木の社会史・文化史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

文献資料と絵画資料の読解によって、中世後期の北野社をめぐる空間構造、社会組織、イメジャリーのありようと変遷を多角的に探る。