変貌する北野天満宮―中世後期の神仏の世界

個数:

変貌する北野天満宮―中世後期の神仏の世界

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 383p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784582469097
  • NDC分類 175.962
  • Cコード C0021

内容説明

多角的に描き出される北野社のありようと変容。文献史料・絵画資料の精読をもとに、方法的に設定された多彩な視角から、中世後期北野社の歴史的リアリティに迫る、画期的な論集。

目次

第1部 空間(北野に通う松の下道―一条通と北野・内野の風景;北野の馬場と経堂;空間から見る北野天神信仰の特徴)
第2部 組織(中世後期「北野社」神社組織における「一社」;北野宮寺法花堂供僧の設置―法螺を喜ぶ北野天神のために;松梅院禅予殺害事件と殿原衆の行動)
第3部 信仰の諸相(室町期における北野祭礼の実態と意義;天神信仰における牛の由来)

著者等紹介

瀬田勝哉[セタカツヤ]
1942年生。大阪府大阪市出身。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。武蔵大学名誉教授。専攻、京都中世史、木の社会史・文化史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

文献資料と絵画資料の読解によって、中世後期の北野社をめぐる空間構造、社会組織、イメジャリーのありようと変遷を多角的に探る。