• ポイントキャンペーン

文研ブックランド
ジャンポールという名の魚

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784580813182
  • NDC分類 K953

内容説明

ぼくは金魚鉢のそうじを習った。ジャンポール・サルトルを茶こしですくい、水を入れたスープ皿にうつして、金魚鉢の中のちょっとくさい、よごれた水を取りかえるんだ。それをどうしてもぼくにさせたがったのは、お母さんの婚約者のジャンポールだった。「きみの魚だろ?きみがえさやって、金魚鉢のそうじもするんだぞ!」ジャンポールは、まるでぼくにおしおきでもするみたいに言ったっけ。あの人は意地悪ってわけじゃない。ただ…。小学中級から。

著者紹介

スマッジャ,ブリジット[スマッジャ,ブリジット][Smadja,Brigitte]
1955年チュニジアに生まれる。高等師範学校を卒業し、現在高校の国語教師。そのかたわら著作に励む。作品は幼年からヤング・アダルトまで幅広く、ほとんどがリアルな作風で書かれている

末松氷海子[スエマツヒミコ]
1937年兵庫県に生まれる。早稲田大学政経学部新聞学科卒業後、フランスのリール市カトリック大学新聞学部に留学。現在は大学で教えるかたわら、フランスの子どもの本の研究・翻訳をてがける

小泉るみ子[コイズミルミコ]
1950年北海道に生まれる。早稲田大学文学部を卒業後、本格的に絵を志す。日本児童出版美術家連盟会員