• ポイントキャンペーン

ポジャギを始める。―中山富美子の手芸

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 71p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784579109777
  • NDC分類 594.9

内容説明

ポジャギとは、韓国の、物をおおったり、包んで保管したり運んだりする布のことです。それを作るのに、小布をはぎ合わせるチョガッポという手法があることから、わが国では、ポジャギとは韓国のパッチワークのこととされて一般化しています。本書はチョガッポで作るポジャギを、中山流にアレンジしてお見せするものです。色合せ、透ける縫い目の美しさをお楽しみください。

目次

基本テクニックは4種類です。
布、糸、針選びは大切なポイントです。
小さいものから始めてみましょう。
慣れてきたらテーブルやコーナーの敷物を。
大きめのタペストリーや間仕切りに挑戦。
クッションでは色と素材を自由に楽しみます。
袋物は服との調和を考えて。

著者紹介

中山富美子[ナカヤマフミコ]
大津市生れ、京都市在住。ファッションデザイナーを経て、モラ、パッチワーク、モラキルトなど広い分野の手芸、工芸作家として活躍。毎年、東京、京都、そのほかで展覧会を開催している。また、世界の少数民族の手作りを求めて冒険取材を重ね、作品及びエッセイを新聞、雑誌、テレビなどで発表。中山手芸研究所、ギャラリエナカヤマ(ギャラリーとショップ)主宰

出版社内容情報

韓国のパッチワーク、ポシャギを楽しむ

韓国伝統のパッチワークを、多分野の手芸で実績を持つ著者の感性でとらえ、独自の作品に仕上げて。そのおおい布、敷き布、間仕切り、クッション、袋などを丁寧な作り方つきで紹介した入門書。

ポジャギと私
基本テクニックは4種類です。
布、糸、針選びは大切なポイントです。

小さいものから始めてみましょう。
4種類のテクニックで作るコースターとおおい布。ポジャギ入門用
4色のピースで市松模様に縫ったおおい布。小窓に飾るとステンドグラスのよう
長方形の長短のブロックを並べたおおい布。三つ巻き縫いのレッスンに最適
地紋のある絹を多色、中心に配したおおい布。伏縫い巻きかがりの縫い目をアクセントに
モラテクニックをプラスしたおおい布
優しい色調の麻布でまとめたおおい布

慣れてきたらテーブルやコーナーの敷物を。
水色をアクセントに、ペールトーンの色合せにしたテーブルランナー
白麻に赤のステッチが映えるテーブルクロス
透け透け素材と青のアクセントカラーが涼感を呼ぶテーブルクロス
同寸法のピースを56枚、階段式に縫い合わせたテーブルクロス
明快な色どうしを組ませたコーナーの飾り布

大きめのタペストリーや間仕切りに挑戦。
やわらかい暖色でまとめた穴あきタペストリー
ナチュラルカラーでまとめたリビングに似合う間仕切り
正方形のピースを飾り縫いで止め合わせた穴あきタペストリー
モラを組ませてシンプルに縫い上げた間仕切り
シンメトリーに模様を構成した正方形のタペストリー
若竹をイメージした、いすカバーにもなるロングタペストリー

クッションでは色と素材を自由に楽しみます。
カラフルな小ピースを巻きかがり縫いで合わせたミニクション
シックにまとめた八角形のミニクッション
れんが色のポイントカラーを別色に変えてセットで作りたいクッション
カーブラインで変化をつけたクッション
5色の帯状布を組んで作る横長クッション

袋物は服との調和を考えて。
ダークカラーでまとめた巾着
ばらの花をデザインした巾着
日本の伝統的な藍染めを縫い合わせたトートバッグ。縫い糸の色にもこだわって
四角いポジャギ布を折りたたんで作るミニバッグ
無彩色と鮮やかな色とをシャープに組み合わせたトートバッグ
つる模様の刺繍をアクセントにしたトートバッグ

おおい布とつまみ布
こうもり形飾り
絹地と麻地
大きな作品
縁の始末3種
つまみ布の作り方
こうもり形飾りの作り方
ランニングステッチの刺し方
サテンステッチの刺し方
布ループの作り方、つけ方
糸ループのつけ方
ボタンホールステッチの刺し方