• ポイントキャンペーン

小関先生教えて!スクラップキルトの楽しみ―バッグを中心に配色レッスン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784579108695
  • NDC分類 594.2

目次

身近な素材をテーマに(ジュースの瓶から;種のパッケージから ほか)
HAND MADE PATCHWORKS(モノトーンをベースにバッグを作るとき;デイリーに活躍するタウンバッグ ほか)
MACHINE MADE PATCHWORKS(ストリングつなぎでバッグを作るとき;シックな色合いのタウンバッグ ほか)
MY VERY FAVORITE FABRICS(私のこだわりのファブリック)

著者紹介

小関鈴子[コセキスズコ]
東京生まれ。文化服飾学院卒業。1978年チャックスパッチワークスクール入学。野原チャック氏に師事。配色の楽しさを学び、キルト作りを始める。1985年キルトジャパン50人展出品。1990年花の万博記念国際キルト展特別賞。その他、数多くの作品展に出品。現在、パッチワークスクール「ハーツ&ハンズ」本校主任講師。朝日カルチャーセンター立川講師。著書に『スクラップキルト入門』(文化出版局)がある

出版社内容情報

色と素材の組合せで楽しむスクラップキルト

ベーシックをテーマに、色と素材の組合せで楽しむ手縫いの手法と裁ち端の布を重ねて自由な造形を楽しむミシンワーク。配色のこつとハンドクラフトの新しい魅力がいっぱい。

 身近な素材をテーマに
  ジュースの瓶から
  種のパッケージから
  クッキーのパッケージから
  チーズのパッケージから

HAND MADE PATCHWORKS

 モノトーンをベースにバッグを作るとき
  デイリーに活躍するタウンバッグ
 モダンなカラーリングでバッグを作るとき
  赤×黒の手さげバッグ
 シンプルなパターンでバッグを作るとき
  たっぷりサイズのタウンバッグ
 ログキャビンでバッグを作るとき
  シンプルなスクエアバッグ
 クラシカルなエプロンを作るとき
  ヴィンテージライクなエプロン
  '50年代風のエプロン
 花アップリケのバッグを作るとき
  花アップリケのトートバッグ3種
 リボンを主役にバッグを作るとき
  おしゃれなスクエアバッグ
 和布でバッグを作るとき
  ヨーヨーがキュートなパーティバッグ
 和布に異素材をプラスしてバッグを作るとき
  普段使いのスクエアバッグ
 リボンを主役にきんちゃくを作るとき
  ピンクとブルーのきんちゃく
 色にこだわって小さなポーチを作るとき
  チャーミングな小さなポーチ5種

MACHINE MADE PATCHWORKS

 ストリングつなぎでバッグを作るとき
  シックな色合いのタウンバッグ
 ストリングつなぎでポーチを作るとき
  使いやすい筒形ポーチ3種
 布遊びを楽しんでポシェットを作るとき
  機能的で陽気なポシェット3種
 端ぎれ&端ぎれでピンクッションを作るとき
  ピンクッション&ピンクッション
 ポップな配色で鍋つかみを作るとき
  マルチカラーの鍋つかみ4種
 キュートなポットホルダーを作るとき
  カップ形のポットホルダー7種
 フリーカットで花アップリケのバッグを作るとき
  花アップリケのおしゃれなミニトート
 透ける布で花アップリケのバッグを作るとき
  ナイロンチュールのトートバッグ2種
 リング縫いでバッグを作るとき
  ウール&ウールのおしゃれトート
  歌舞伎カラーの軽い手さげ
  フェルトのショルダーバッグ
 オーガンジーでバッグを作るとき
  ポップカラーの手さげ

MY VERY FAVORITE FABRICS

私のこだわりのファブリック


アップリケの図案と実物大型紙