小さな太陽―倉橋惣三を旅する

個数:

小さな太陽―倉橋惣三を旅する

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 48p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784577814291
  • NDC分類 376.1
  • Cコード C3037

内容説明

保育の未来を探る事例集×倉橋惣三の言葉のイメージ化を試みた写真集。

著者等紹介

倉橋惣三[クラハシソウゾウ]
1882年‐1955年。「日本フレーベル」あるいは「日本の幼児教育の父」と呼ばれる幼児教育者。わが国最初の幼稚園、東京女子高等師範学校(現在のお茶の水女子大学)附属幼稚園の主事を長年務めた

小西貴士[コニシタカシ]
写真家。森の案内人(インタープリター)。2000年より森の案内人として、多くの人々と清里高原の森で時間を共有する。特に幼い子どもたちと森で活動しながら、子どもを含む様々な命の営みを撮ることをライフワークとして取り組む。写真やことばを、雑誌などで発表するかたわら、全国各地でスライドショウや写真展を開催する。現在は、八ヶ岳南麓にて、保育者が自然の中で集い学び語らう場「ぐうたら村」の運営がメインワーク

大豆生田啓友[オオマメウダヒロトモ]
玉川大学教育学部乳幼児発達学科教授。保育分野にとどまらず、子育て支援や、子どもとその周辺領域などへの提言、講演活動など、幅広く精力的に活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。