フレーベル館文学の森<br> サマークエスト

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

フレーベル館文学の森
サマークエスト

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年10月27日 03時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 241p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784577049792
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

小学6年生のヒロキの父親は、10年前、海で溺れて死んだ。母親もまわりのおとなもそのときの様子を口にしようとせず、ヒロキは小さい頃から父のことを知るきっかけをつかめずにいた。しかし、ふとしたことから父親が死んだ日に使われた「写ルンです」を見つけ、親友の新(あらた)とともに写真を現像し、その海を突きとめる。
ヒロキは、中学受験を前に家庭の不和に悩む新の助けを借りずに、たったひとりで父が死んだ海を見にいくことを決意する。
なぜ父親はこの海へ入っていったのか。過失か、それとも―? 
心のなかのわだかまりに決着をつけるために、ヒロキがいどんだひと夏のサマー クエスト。

内容説明

「父親はどうして死んでしまったのか、どういう人間だったのか」ヒロキのなかに幼いころからくすぶっていた疑問。向きあうきっかけは、父が死んだ日に残された写真だった。親友・新の助言もあり、父が死んだ海を見に行くことを決意するヒロキ。そして中学受験をひかえる新も、迷いを胸に、遠い姉の元をおとずれることを考えていた…。

著者等紹介

北山千尋[キタヤマチヒロ]
1970年生まれ。日本児童文芸家協会会員。2013年より創作を始める。賞歴に、第13回長編児童文学新人賞佳作「真夏のマカロニグラタン」、第16回創作コンクールつばさ賞読み物部門佳作「ダイダラボウと秘密の海」、第18回創作コンクールつばさ賞詩・童謡部門優秀賞「黒あめ」。『サマークエスト』は第2回フレーベル館ものがたり新人賞優秀賞を受賞し、初の出版となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

頼ちゃん

9
一気に読んでしまった。大人たちが隠している父の死の真相。いつかは言わなくてはと思いながら、自分も重いものを抱えているだけに言い出さない。でも子供はどんどん大きくなる。お互い言い合えてよかったな。2021/08/15

ねこ

8
ふたりの少年がこころにしまってきたものは重い。でも面と向かいあうために小さな「旅」にでる。それがサマークエスト。ゲームのようにはいかない。つまずいたり、転んだり、動けなくなったり。自分が子どもであることを思い知らされる。でも。最後に辿り着いた地点の、なんとやさしく、なんと爽やかなことよ。2021/06/08

遠い日

6
父の死を周りの大人たちが隠そうとするそぶりにヒロキ(小6)はとっくに気づいている。彼らが触れられたくないそれをひとりで明かそうとする、ヒロキのひと夏のクエスト。限られた時間の中で敢行される無謀な海への道程は、ヒロキを試すかのよう。ヒロキは学ぶ。物事は捉え方で違った顔を見せると。真実は想像上だし、誰かを困らせるかもしれない。でも自分の考えを伝えることで生まれるものはあるはずだと考える。親友・新の物語も同時進行で進むリズムがよかった。子どもの力は侮れない。#サマークエスト#NetGalleyJP2021/06/04

まめもやし3

2
少年たちの成長物語。母親が語らない、父親の死の真相。少年の思い切った行動が、大人たちのわだかまりも溶いていく。2021/08/15

あやこ

2
父親を知らない小学校六年生のヒロキが、母との生活の中で見つけたヒントを頼りに、父の亡くなった海を目指す。ヒロキのひと夏の冒険が、父の死をめぐって痛みを抱えていた大人たちの傷をいやしていく。生きるとは「今」の積み重ねであり、さまざまな事実を自分なりにどのように受け止めて進んで行くかということ。2021/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18004436

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。