文学の森<br> あかりさん、どこへ行くの?

電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文学の森
あかりさん、どこへ行くの?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784577044612
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

おばあちゃんが認知症になって、ぼくの家は崩壊寸前だ…。あかりさんはどこへ行くんだろう?ぼくにはなにができるんだろう?

内容説明

ぼくはなんどでも、あかりさんの友達になろう。おばあちゃんが認知症になって、ぼくたちは…。迷って、立ちどまって。それでも前に進む家族の物語。実際に母親の介護を経験した著者が描く、認知症患者の祖母とその家族の物語。

著者等紹介

近藤尚子[コンドウナオコ]
愛知県生まれ。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。1988年、『ぼくの屋上にカンガルーがやってきた。』で、第29回講談社児童文学新人賞佳作、出版

江頭路子[エガシラミチコ]
福岡県生まれ。絵本のほか、雑誌や教科書などの挿絵も手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

NakaTaka

4
主人公は、タケシ。物語は小5の修了式から始まり、中学校入学式前日まで。パーキンソン病に加えて認知症を患った祖母のことを中心に、家族や友達のことをタケシの目を通して描く。作者のお母さんも認知症だったそうだ。誰しも他人事ではない病気。認知症は辛い。身につまされた。子供達のやりとりが、清涼剤になっている。2020/12/09

koharu

1
子どもに読ませたくて図書館で借りてみたが、息子はまったく興味を持たずじまい。 祖父母と暮らす経験がないので、お年寄りとの接し方は私も子供もよくわからない。認知症は記憶があやふやになるのだと、多少介護の勉強をしたので、知識としてはわかっているが、実際、身内に起きたら、うまく対応できるかなぁと読みながら思った。 児童書なので、祖父母と同居しているおうちにかたは、読んでみるといいと思う。 対処の仕方(心の持ちようかな)で、介護が楽になる部分もあると思うので。2016/11/27

よっちん

0
図書館2018/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11227209

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。