• ポイントキャンペーン

あかちゃん、がんばれ!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784577043523
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

出版社内容情報

もうすぐお姉ちゃんになるいくちゃんは、うれしい反面、複雑な気持ちを抱えます。でもある日赤ちゃんが危険な状態と知って…。

内容説明

お母さんのおなかに赤ちゃんがやってきました。お姉ちゃんになるいくちゃんは、うれしくて誇らしい気持ちに。でもだんだんと、大好きなお母さん、お父さん、おばあちゃんの言動が、赤ちゃん中心となっていき、大きな葛藤を抱えはじめます。お姉ちゃん、お兄ちゃんになるお子さんに、ぜひ読んでほしい絵本です。4才ごろから。

著者等紹介

矢部美智代[ヤベミチヨ]
慶應義塾大学国文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

><

28
初版2016年。もうすぐで赤ちゃんが生まれる、という女の子。お姉ちゃんになることを素直に受け入れるのは、この年ではまだまだ難しい。まだまだ、自分がお母さん、お父さんに甘えていたいのに。いろんなことを感じる分だけ、大きく成長できるんですが、このときはそうは思えないんだろうな。2016/09/13

M78に行きたい雨巫女。

11
《図書館-返却》赤ちゃんを無事に生むのは、大変なんだなあ。お姉ちゃんに、なれてよかったね。2020/12/22

遠い日

8
広野多珂子さんの絵を求めて。来る秋にはおねえちゃんになる、いくちゃん。おかあさんやおとうさん、おばあちゃんの気持ちが生まれてくる赤ちゃんのことで大きく膨らんでいるのを敏感に感じとって、とても複雑な心境。そんな折りに、おかあさんに起きたアクシデント。赤ちゃんへの屈折した気持ちが、無事に大きく育つようにと、祈りに変わっていく。下のきょうだいを持つときの上の子の葛藤が切なく、けれども、子どもはこうして子どもなりの心の折り合いをどうにかつけて、乗り越えることに逞しさも感じる。2016/10/29

華形 満

4
いままでパパママの愛情は自分にだけだったのに、その愛情がだんだん生まれ来る妹(弟)に転換されていこうとしている子供心の不安を絵本で実に上手く表現されている。でもそれは決して愛情が薄れる事じゃなく、むしろ分け合う事なんだよ..むしろ兄弟の出来る子が羨ましくなるストーリーです。2016/11/19

たくさん

1
最近は流産や早産も多くそれに対応するところも増えたというように聞く。そんなときに助かってほしいという素直な気持ちを表す本は今の時代必要だ。2017/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11177255

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。