• ポイントキャンペーン

おつきさまがたいへんだ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 28cm
  • 商品コード 9784577042144
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

内容説明

なんでもしっているつもりのあらいぐま、オルドリン。あるばん、うさぎがオルドリンにたずねました。「おつきさまのかたちがかわってるよ。どうして?」オルドリンはこたえをしらなくてあせったけれどみんなでしらべようとうまくごまかしました。「おつきさまがたいへん!」だんだんちいさくなっていくおつきさまと、あやしいようすのくまのハッブルとラベル。くまたちはなにをしているのでしょう…?

著者等紹介

バーン,リチャード[バーン,リチャード] [Byrne,Richard]
イギリス・ロンドン生まれ。イーストボーン・カレッジでアート&デザインを学ぶ。グラフィックデザインの仕事をしたのち、子どもの絵本の創作にたずさわる。現在は、妻とふたりの子どもとともにイギリス・チチェスターに在住

もきかずこ[モキカズコ]
広島県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。実践女子大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

80
なんでも知ってるのが自慢のあらいぐまのオルドリン。「しってるぞしってるぞ」が口癖です。でも、月のことについてはハッブルとラペルの2頭のくまの方が詳しいみたい。プライドが邪魔して「教えて」と言えないオルドリン。くまたちが不可解な行動をみせると、意地悪な気持ちが湧いてきて……。虚栄心は自分の世界を小さくしてしまうよね。「知らない」ということが「知りたい」という気持ちに変わればワクワクできるというストーリーかな。オルドリンは反省できて幸せでした。2014年9月初版。2015/09/17

さおり

67
なんでもとりあえず「しってるよ!」って言っちゃうちびっことは、仕事上たくさん知りあっているので、なんか親しみ深い。そして、かわいい。絵もかわいいし。自分用もそのうち買うかも。これは、年長さんの女の子へのプレゼントです。2015/09/07

ヒラP@ehon.gohon

26
知ったかぶりはいけません。わからないことは、素直に認めましょう。そして調べましょう。 そう言ってしまったら、この絵本の面白さは半減してしまうような気がします。 オルドリンの想像力は想像力で、お話を盛り上げています。 よくそこまで思いつくものです。 ホラ吹きはいけないけれど、大切にしたいですね。2021/07/14

あおい

17
あらいぐまのオルドリンは何でも知ってるのが自慢。月の形が変わるのは何故か聞かれたオルドリン。知らないぞ困った!答えを知ってそうなクマさんの行動が気になる…。クマさん優しい〜。月の満ち欠けの勉強にもなる。2016/06/04

遠い日

5
月の変化に易しく触れた科学絵本の部分もちょこっと含むお話。知ったかぶりは、すぐばれるという教訓も。そして、知識というのは、やっぱり好奇心から始まるものなんだなぁと思う。2014/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8310988

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。