名字と歴史のはなし

個数:
  • ポイントキャンペーン

名字と歴史のはなし

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年12月12日 17時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 55p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784577040652
  • NDC分類 K288
  • Cコード C8321

目次

歴史のなかの名字(ぼくの祖先は武士だった!?;名字と歴史の楽しみ方;名字のはじまりと広がり)
名字はこうして生まれた(西からはじまった発展;400年ごろ 一族ごとに同じ姓を名乗った!;200年~600年ごろ このころに起こったことは?力をもった豪族たちが「くに」をつくっていく;天皇から姓をいただきました!;このころに起こったことは?天皇を中心とした国づくりが進む;気づくと、まわりはほぼ「藤原」!;このころに起こったことは?天皇にかわって貴族が政治を行う)
広がっていく名字(遠くの土地へ名字を運ぶ;900年ごろ 地方に行った役人が地名を名字に!;900年~1000年ごろ このころに起こったことは?未開の地をひらき、荘園が広がっていく;武士といえば「源」か「平」!;このころに起こったことは?藤原氏全盛の時代と武士の発達;武士の移動で名字がシャッフル!;このころに起こったことは?藤原氏が立場を失い、武士が政治を行う)

著者紹介

森岡浩[モリオカヒロシ]
1961年高知県生まれ。姓氏研究家。早稲田大学政経学部卒業。学生時代から独学で名字の研究をはじめる。長い歴史をもち、不明なことも多い名字の世界を、歴史学や地名学、民俗学などさまざまな分野からの多角的なアプローチで追求し、文献だけにとらわれない実証的研究を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)