ブルーノ・ムナーリの1945シリーズ<br> 3わのことりのはなし

ブルーノ・ムナーリの1945シリーズ
3わのことりのはなし

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ キガイ判/ページ数 1冊(ペ/高さ 33cm
  • 商品コード 9784577039618
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

内容説明

さあ、ことりたちのおしゃべりがはじまるよ。3つのお話がひとつの絵本に。ムナーリの幻のシリーズ、ついに完結、子どもとの会話がはずむしかけ絵本。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

18
この人の絵本、何冊かオタマが夢中になっていたのですが、久々に「この人の好き」ともってきました。読みながら(これは何ページと表示されるのかな?)と興味津々。絵本の中に絵本があるんですよ。ふふ、案の定表示されてないや。おもしろいな。昨日は友人の息子さん二人を預かっていたので、3人で顔をつきあわせててかわいかった。2017/03/09

たまきら

17
この人の絵本が大好きなオタマさん。また借りてきて楽しそうにめくっています。2018/02/27

あおい

15
ティオ、ティア、チ、3羽の小鳥がどうして鳥かごの中にいるのか?それぞれの身の上話。最後のチの話で一気に幸せ感が。2017/09/10

遠い日

7
鳥かごのなかに3わの小鳥。それぞれの身の上を語る。話が繋がったときに見えるのは、愛。美しいなぁと、思った。鳥かごのなかの、愛の世界。2013/09/07

しろくま

4
1945シリーズの9。仕掛けが3羽の鳥それぞれに分かれていておもしろかったです。最後の「チのはなし」がほっこりしてよかったです。2016/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5698749

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。