ぼくらのミステリー?タウン
お城の地下のゆうれい―ぼくらのミステリータウン〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 146p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784577039083
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

内容説明

ディンク、ジョシュ、ルース・ローズの仲良し三人組は、ミステリー作家のお城に招待されて大喜び。ところが、そこはわけありのお城だった…。

著者等紹介

ロイ,ロン[ロイ,ロン][Roy,Ron]
アメリカ、コネティカット州在住。アメリカで大人気の児童文学作家。コネティカット大学で文学を学び、大学院を卒業後小学校の教師をしていたころから、子ども向けの作品を書き始める

八木恭子[ヤギキョウコ]
翻訳家。石川県出身。NGO団体「プラン・ジャパン」の翻訳ボランティアにも参加

ハラカズヒロ[ハラカズヒロ]
ゲーム開発会社を経て、現在フリーでイラストやデザインを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

6
小学校5年生ブックトーク テーマ【楽しいおはなし】ざっくりとしたテーマですが、読書に関心の薄い子が多く、 夏休みの自由研究も出来ちゃいそうな、それでいて楽しい本ということで担任と打ち合わせ時に『うんち』ですね!と(笑) 『うんち』と言っても『科学』的に話ができるようにしています。読書好きの子もいるので、他の科学の本なども用意しました。『消えたミステリー作家の謎』の作家ウォレスの住むお城に招待された3人。お城の中での冒険と謎解き。2019/07/19

おはなし会 芽ぶっく 

5
令和2年度、5年生ブックトーク授業。テーマ【やま場のある本】国語の単元で『大造じいさんとガン』を勉強中の5年生。やま場(クライマックス)のある本を先生からリクエストされ選書。紹介本のリストと一緒に簡単な感想文の宿題を出しました。夏休み明けが楽しみです。2020/07/22

深青

5
シリーズ2冊目。今回の舞台はウォリスさんの住んでいるお城です。海外のジョークって、なかなか難しい。喧嘩を吹っ掛けてるようにもとれるの…。でも、読み進めると二人で笑いあってたり仲良さそうだったりするんだよね。本にも文化の違いが出て、面白い。2014/03/22

ろばこ

2
シリーズ2。1作目登場のミステリー作家ウォレスさんの住んでいる古いお城が舞台。地下通路やら怪しい洞窟などを冒険、謎解きもあって楽しめる。子供たちが危ない目に合わないのも良い。2015/10/13

みとん

2
たぶん2年生のよく本を読む子くらいから読める本。一応、小学校では3年生からってことにしてます。(じゃないと、絵だけを目当てに2年生の読まない子が借りるので)今回は、1巻でであった作家ウォリスさんの所有するお城へ招待される話。そこに伝わる「エモリー・スコットのゆうれいの声」の謎を解くために、ディンク・ジョシュ・ルースの3人が探検&推理。個人的には、もう少し絶滅危惧種の動物たちについて書いてあるとよかったかな~?と思います。あとがきにはあるけど、子どもたちは読まないからね。くいしんぼうジョシュがかわいい(笑)2014/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3489850

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。