人生、90歳からおもしろい!―オイドル絵っせい

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 326p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784577037539
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

『人生の後半にこんな展開があるなんて』90歳!やなせ流人生は、毎日が新鮮。

目次

特別対談 「人生の後半にこんな展開があるなんて」(戸田恵子×やなせたかし)
第1章 ピンピンコロリにあこがれて
第2章 老眼可憐のオイドル爺
第3章 見あげてごらんYanase星
第4章 ちいさな親切三角折り
第5章 やなせ小公園育ちの野性の柚子
第6章 ヘンとおもえばみんなヘン
第7章 色気なければひからびる
第8章 山彦・海彦、ふたつのミュージアム
第9章 ホオノキはアンパンマンに似ている
第10章 お化けがきたりて歌をかく

著者等紹介

やなせたかし[ヤナセタカシ]
1919年2月6日高知県に生まれる。東京高等工芸学校工芸図案科(現千葉大)卒業。三越宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務。1953年退社、フリーとなる。1973年月刊「詩とメルヘン」をサンリオより創刊。同年、「漫画家の絵本の会」を故・手塚治虫氏らと結成。この年、フレーベル館の月刊絵本「キンダーおはなしえほん」に『あんぱんまん』を掲載。以後、アンパンマン他多数の絵本を出版。2007年神奈川県横浜市に「横浜アンパンマンこどもミュージアム」開館(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トムトム

27
90才をすぎてもテレビに出てシャキーン!としていて、お元気だと思っていたけれど。意外と色んなところがボロボロだったそう。それでもモテたい、かっこつけたい!そういうのが若さの秘訣なのでしょう。若い頃に成功していたら調子に乗っていたけれど、50才を過ぎてから有名になったのが結果、良かったのかもしれないとの事。水木しげるさんといい、長く生きるとみなさま仙人になられるようです。2021/06/15

ハル

11
アンパンマンがアニメ化したのは70歳だったという超晩成型のやなせさん。このエッセイからはその温かい人柄や人生を楽しんでいる生き方が伝わってくる。こんな爺様になりたいと思う! ただ、文章を書く人じゃないからか、似たような内容のエッセイが多いので一気読みには向かない本だった。毎日1編ずつ読んで元気をもらう、そんな読み方をするのが吉。2014/04/02

雪ちょこ

9
やなせたかしの世界展に行って彼の言葉に感銘を受けたので興味津々で絵ッセイを読んでみた。色んな事をありのままに、なんか、優しい言葉なのに、重みがある。90歳のなせる技だろう。絵ッセイだけに、挿し絵がかわいい。やなせたかしはアンパンマンだけじゃない!詩がとてもいい。読んでいると、うっかり泣いちゃいそうだ。次は詩集もがっつり読もうと思う。ああ、国立高知大学付属病院の小児病棟の壁画、ぜひ見たい!!2010/08/25

chika

6
みんな大好きアンパンマンの作者、やなせさん。亡くなってからもう4年も経つのかと。軽妙洒脱な文章が、年齢を感じさせずとても楽しく読むことができます。ご本人は歳を感じて大変なことも多かったのでしょうが…人生、いつでも「今が一番」と思える生き方に憧れます2018/01/21

びば

5
アンパンマンは子供の頃よく見たし描いた思い出深い作品だが、作者のやなせ先生の人柄や活動に関心を持つことはあまりなかった。絵以外でも作詞作曲、更に自分でも舞台に立つなど、とてもアクティブなのに驚かされた。偉ぶったイメージははなから無い。最近の若者は…なんて苦言も等身大な感じで好きだ。若々しい文章と可愛らしい挿絵!他のエッセイや詩なんかも読みたい。2014/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/219505

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。