省三先生のコミュニケーション教室〈3〉実践編―コミュニケーション力をきたえる授業11

省三先生のコミュニケーション教室〈3〉実践編―コミュニケーション力をきたえる授業11

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 55p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784577035122
  • NDC分類 K361

内容説明

コミュニケーションとは自分の気持ちや考えを人と伝え合うこと。この本では、省三先生の授業を紙上でしょうかいしています。

目次

1時間目 なぜあいさつをしたほうがいいのですか?―あいさつの大切さを考える
2時間目 楽しく会話をしていますか?―言葉づかいや言い方を学ぶ
3時間目 道順をうまく説明できますか?―わかりやすい説明のしかたを学ぶ
4時間目 上手だなと思うスピーチはどんなスピーチですか?―スピーチの技術を学ぶ
5時間目 スピーチできんちょうしすぎて失敗していませんか?―スピーチであがらないためのトレーニング
6時間目 インタビューの相手から情報を引き出せていますか?―インタビューのコツを学ぶ
7時間目 学級会はうまくいっていますか?―話し合いの目的を考える
8時間目 話し合いで活発に発言していますか?―話し合いの技術を学ぶ
9時間目 自信を持って発言できていますか?―自分の意見を述べるトレーニング
10時間目 いい質問とはどんな質問でしょうか?―質問の種類と方法を学ぶ
11時間目 反対意見を言えますか?―反論のしかたを学ぶ
省三先生の教室へようこそ!わたしたち貴船小学校6年1組の授業ドキュメント

著者紹介

菊池省三[キクチショウゾウ]
1959年、愛媛県に生まれる。山口大学教育学部を卒業。福岡県北九州市立小倉中央小学校、香月小学校を経て、現在、貴船小学校教諭。小学生の国語力、コミュニケーション力を高める学習方法を実践を通して研究している。NPO法人「授業づくりネットワーク」理事、全国教室ディベート連盟研究開発委員。北九州市の教員を中心とした研究サークル「実践教育研究21サークル」代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)