二見時代小説文庫<br> 賞金首始末―剣客相談人〈13〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

二見時代小説文庫
賞金首始末―剣客相談人〈13〉

  • 森 詠【著】
  • 価格 ¥699(本体¥648)
  • 二見書房(2015/02発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 12時17分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784576150109
  • NDC分類 913.6

内容説明

実兄は幕府の大目付、那須川藩一万八千石の若月丹波守清胤は、故あって傅役の爺と二人で出奔、八丁堀の裏長屋で剣客相談人として糧を得ている。折しも長屋の女子三人が神隠しに遭った。都合、神隠しはこれで十人という。さらに旧知の大名の姫が行方不明となり捜してほしいという依頼。そこに、とんでもない事態が…。剣客相談人の首に巨額の賞金がかけられたのである。

著者紹介

森詠[モリエイ]
栃木県旧大田原町出身。那須地方に育つ。東京外国語大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

一万八千石の大名家を出た若月丹波守清胤と爺は、裏長屋で揉め事相談人に。剣の腕と気品で謎を解く。大人気シリーズ第13弾!