双葉文庫<br> 我が愛と青春のたけし軍団

個数:
電子版価格 ¥583
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
我が愛と青春のたけし軍団

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 365p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575714098
  • NDC分類 779.9

内容説明

地元静岡で板前修業をするも、すべてが中途半端。知人の勧めで東京に出てきたはいいが、用意されていた仕事は「芸人」だった―。たけし軍団の番頭格、ガダルカナル・タカの視線を通して、師匠ビートたけし、軍団の仲間たちとの青春を綴る。フライデー襲撃事件、バイク事故の真相も明らかに…。

目次

上京とスナックと草野球
師匠と弟子
対談その1 つまみ枝豆―殿の運転手
対談その2 松尾伴内―『スーパーJOCKEY』
対談その3 井手らっきょ―『スポーツ大将』
フライデー事件
対談その4 ダンカン―『お笑いウルトラクイズ』
対談その5 ラッシャー板前―最後のボーヤ
対談その6 グレート義太夫―『北野ファンクラブ』
バイク事故
対談その7 柳憂怜―北野映画
対談その8 なべやかん―たけし軍団というカオス
これからのこと―ガダルカナル・タカ

著者紹介

ガダルカナル・タカ[ガダルカナルタカ]
本名:井口薫仁(いぐち・たかひと)。1956年12月16日生まれ。静岡県出身。同郷の知り合いだったつまみ枝豆と81年にお笑いコンビ「カージナルス」を結成。草野球がきっかけでたけし軍団入り(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)