双葉文庫<br> まだまだ酔ってません―酒呑みおじさんは今日も行く

個数:
電子版価格 ¥496
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
まだまだ酔ってません―酒呑みおじさんは今日も行く

  • 大竹 聡【著】
  • 価格 ¥616(本体¥571)
  • 双葉社(2013/06発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月03日 13時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575714005
  • NDC分類 596.7

内容説明

大好評だった前作『ぜんぜん酔ってません』から1年。“ぜんぜん酔ってなかった”前作から、多少は酔いが回りつつも“まだまだ酔っていない”と言い張る著者が見聞きした、笑いあり、共感あり、そして涙ありのホロ酔いエッセイ集の第二弾。

目次

前編(泥酔列車で起こしてくれるサービスがほしい!;酒で酔うペースは人それぞれなようで;極寒の北国を想いながら燗酒を;平日から園田競馬場で豚骨、ビールだぜ ほか)
後編(気がついたらハマっていた「家飲み」の罠;携帯のない時代の酒呑みはよかった;列車の長旅でのダラダラ酒も、また楽しい;休まずせっせと飲んだ真冬の小倉ナイト ほか)

著者紹介

大竹聡[オオタケサトシ]
1963年生まれ。東京都出身。早稲田大学第二文学部を卒業後、出版社、広告代理店、編集プロダクションなどを経てフリーライターに。02年10月、仲間とともに酒飲み人生謳歌マガジン『酒とつまみ』創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)