双葉文庫<br> 半鐘―江戸町奉行所吟味控

個数:

双葉文庫
半鐘―江戸町奉行所吟味控

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 290p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575665062
  • NDC分類 913.6

内容説明

天和二年の師走、江戸で死者千人を超える大火が起き、南町奉行所の同心・永田誠太郎は行動が不審な町娘お七を見かけた。―その後、お七は付け火の疑いで捕縛される。果たしてお七は本当に付け火をしたのか?その理由は?気鋭の女流作家が、江戸時代に起きた犯罪の謎に迫る、新形式の書き下ろし時代小説、シリーズ第一弾。

著者紹介

植松三十里[ウエマツミドリ]
静岡県出身。東京女子大学史学科卒業。2003年、「桑港にて」で第27回歴史文学賞受賞。以後、歴史・時代小説の書き手として注目を集め、09年『群青 日本海軍の礎を築いた男』で第28回新田次郎文学賞、『彫残二人』(文庫版『命の版木』と改題)で第15回中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)