• ポイントキャンペーン

双葉文庫
花斬り―火盗改香坂主税

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575664638
  • NDC分類 913.6

内容説明

女ばかりを狙う辻斬りが現れた。椿、紅梅、桃の花…むくろのそばに四季折々の花を捨て置き、自らを「花斬り」と称して注進箱に挑み状を投じてくる。次は「大川端」と、凶行の場所まで告げて挑発してくる大胆な賊に、香坂は正義の刀を振り下ろす。「民の代わりて仇を討つ!」との強い思いで悪を斬る、火盗改方長官、香坂主税シリーズの第三弾。

著者紹介

倉阪鬼一郎[クラサカキイチロウ]
1960年三重県伊賀市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。87年、短篇集『地底の鰐、天上の蛇』でデビュー。97年、『百鬼譚の夜』で再デビュー。翌年に専業作家となり、ミステリー、ホラー、幻想小説など、幅広い分野の作品を精力的に発表するかたわら、俳句と翻訳も手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

女ばかりを狙う辻斬りが現れた。むくろのそばに四季折々の花を捨て置き、自らを「花斬り」と称して挑み状を送り、挑発してくるのだが……。「民に代わりて仇を討つ!」との強い思いで悪を斬る、火盗改方長官、香坂主税シリーズの第三弾。