双葉文庫<br> 迷い猫―知らぬが半兵衛手控帖

電子版価格 ¥540
  • 電書あり

双葉文庫
迷い猫―知らぬが半兵衛手控帖

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 309p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575664430
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

行方知れずとなっていた小伝馬町牢屋敷の鍵役同心堀田平左衛門が、本湊町の沖合で死体となって引き上げられた。堀田の死因が溺死ではなく何者かによって殺されたものと睨んだ臨時廻り同心白縫半兵衛は、遺体の着物の裾から猫の爪を発見するが…。北町奉行所の同心・白縫半兵衛の人情裁きを描くシリーズ第十二弾。

著者紹介

藤井邦夫[フジイクニオ]
1946年、北海道旭川生まれ。テレビドラマ「特捜最前線」で脚本家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

北町奉行所臨時廻り同心の白縫半兵衛宅に、一匹の三毛猫が迷いこんだ。首に巻かれた小さな布切れにあった文字をたよりに飼い主に三毛猫を無事届けた半兵衛。そんな折り、与力の大久保忠左衛門に呼び出された半兵衛は、伝馬町の鍵役同心が行方知れずになったと告げられる。書き下ろし長編時代小説シリーズ第十二弾。