双葉文庫
冥加の花―金四郎はぐれ行状記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 300p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575663112
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

南町奉行・越智備前のもとに、切腹しなければ江戸町人を殺すという内容の脅し文が射込まれた。奉行脅しの張本人と疑われた遊び人の金四郎は、自身番の牢屋に押し込められてしまう。そんな矢先、何者かに殺された女の長屋から脅し文の下書きがみつかり…。遠山金四郎の若かりし頃の活躍を描く、人気シリーズ第三弾。

著者紹介

井川香四郎[イカワコウシロウ]
1957年、愛媛県生まれ。中央大学卒。柴山隆司の筆名で書いた時代小説『露の五郎兵衛』で小説CLUB新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)