双葉文庫<br> お江戸の用心棒〈上〉―右京之介助太刀始末

個数:
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
お江戸の用心棒〈上〉―右京之介助太刀始末

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 03時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575662719
  • NDC分類 913.6

内容説明

船宿「小川屋」に右京之介を訪ねてやってきた柏原藩江戸留守居役の福田孫兵衛。国元から上京してくる鈴姫の警護を依頼に来たのだが、時を同じくして若様に上州屋の婚礼を控えた娘の用心棒依頼が舞い込んでくる。用心棒仲間の若林左太郎や元掏摸の弥太とともに、孫兵衛もなぜか若様の片棒を担ぐ羽目に。大好評痛快無比の時代活劇第三弾上巻。

著者紹介

高橋三千綱[タカハシミチツナ]
1948年大阪府生まれ。サンフランシスコ州立大学、早稲田大学をいずれも中退の後、新聞記者となって活躍。1974年『退屈しのぎ』で第17回群像新人賞を受賞、翌年から執筆活動に専念し、1978年『九月の空』で第79回芥川賞を受賞。ゴルフなどの漫画原作でも活躍し、時代小説も手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)