双葉文庫<br> 残照の渡しだ甲次郎浪華始末

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
残照の渡しだ甲次郎浪華始末

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 293p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575661996
  • NDC分類 913.6

内容説明

呉服商若狭屋の跡取り、甲次郎と道場仲間だった豊次が殺された。犯人探しに奔走する甲次郎に大坂城代管轄、長内村の煙硝蔵が破られたという噂が届く。一方、若狭屋に寄宿している千佐の友達、美弥を郷里に送り届けた甲次郎と千佐が何者かに襲われて…。大型新人による書き下ろし長編時代小説、シリーズ第二弾。

著者紹介

築山桂[ツキヤマケイ]
1969年、京都府生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得。日本近世史の研究論文を発表しながら時代小説を執筆