• ポイントキャンペーン

双葉文庫
本格ミステリの現在〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 262p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575658910
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0195

内容説明

ますます多様化していった1990年代の日本のミステリ界において、本格ミステリはどのような姿を見せていたのか。気鋭の評論家による鮮やかな作家論が、それを解き明かしていく。下巻では、宮部みゆき、我孫子武丸、北村薫、山口雅也、麻耶雄嵩、井上夢人、二階堂黎人、京極夏彦と、個性的な作品で新たな地平を開いた8人が論じられる。

目次

宮部みゆき論―語りと灯(涛岡寿子)
我孫子武丸論―メタ・ヒューマニズム序説(夏来健次)
北村薫論―可憐なる巫女たちの物語(加納朋子)
山口雅也論―パンキー・ファントムに柩はいらない(有栖川有栖)
麻耶雄嵩論―形式の大破局(佳多山大地)
井上夢人論―意識・身体・小説・現実(田中博)
二階堂黎人論―怪人のいる風景(鷹城宏)
京極夏彦論―フロイトの「古井戸」(武田信明)

著者紹介

笠井潔[カサイキヨシ]
東京都生まれ。1979年、『バイバイ、エンジェル』で小説家デビュー。2003年、『オイディプス症候群』で本格ミステリ大賞を。伝奇小説やSFも。評論家・思想家としての著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)